【格闘技】UFC王者ウスマン、3度目の王座防衛 UFCウェルター級史上最長記録となる13連勝を飾る

ギルバート・バーンズを相手にカマル・ウスマン(左)が3R34秒でTKO勝ちを収めた (C)Getty Images

UFC 258」が13日(日本時間14日)、ネバダ州ラスベガスのUFC APEXで開催され、UFCウェルター級王者カマル・ウスマンが、ウェルター級ランキング1位ギルバート・バーンズを相手に、3R34秒でTKO勝ちを収めた。ウスマンは3度目の王座防衛に成功。UFCウェルター級史上最長記録となる13連勝となった。

◆マネル・ケイプ、UFCデビュー戦は判定負け 海外メディアが指摘した敗因とは

1R4分を過ぎた時点でバーンズの右パンチが入り、猛攻を受けたウスマンだが、2Rから反撃開始。2Rに右ストレートでダウンを奪うと、3Rにも右ジャブでダウンを奪い、そのままパウンドでTKO勝ちを決めた。

ウスマンはこれで19戦18勝。2013年12月から17連勝となり、UFCは13連勝。2019年にタイロン・ウッドリーを下してUFC王座を獲得したのち、同年12月にコルビー・コヴィントン、2020年にホルヘ・マスヴィダルを下し、今回の勝利で3年間、王座を守り抜いている。

この勝利によりウスマンはUFC13連勝を達成した (C)Getty Images

【格闘技】「RIZIN.27」対戦カード発表 浜崎朱加vs浅倉カンナがタイトルマッチ

【ボクシング】井上尚弥、アッパー3連発など比嘉大吾と“ガチスパー” 「LEGEND」全7カード結果レポート

【格闘技】マネル・ケイプ、UFCデビュー戦は判定負け 海外メディアが指摘した敗因とは

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします