【テニス】大坂なおみ、ストレート勝ちで4強進出 全豪日本女子最多の20勝目

準決勝進出を決めた大坂なおみ(2021年2月16日) (C)Getty Images

テニスの全豪オープンは16日、女子シングルスの準々決勝がオーストラリアロッド・レーバー・アリーナで行われ、世界ランキング3位で第3シードの大坂なおみ日本)が同71位のシェ・シュウェイ台湾)に6-2、6-2のストレート勝ち。完勝で自身全豪通算20勝目を挙げ、杉山愛を抜いて日本女子の歴代最多勝利となった。大坂は2年ぶりに準決勝へ進出する。

第1セットでは、お互いのサービスをキープする展開が続くも、第4、第8ゲームで大坂がブレークに成功し、6-2で先取。第2セットでも勢いは止まらず、第2、第8ゲームで相手のサービスを破り、リード。そのまま6-2でのストレート勝ちで“アジア人対決”を制した。

準決勝は18日、同2位で第2シードのシモナ・ハレプルーマニア)と同11位で第10シードのセリーナ・ウィリアムズ米国)の勝者と対戦する。

【テニス】大坂なおみ、エースとウィナーはここまで全豪最多 次戦は台湾の技巧派ベテラン

【テニス】大坂なおみ、ジャバーにストレート勝ちで4回戦へ 全豪オープン

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします