【テニス】大坂なおみ、圧巻の全豪制覇は「素晴らしい経験」 敗れたブレイディも賛辞

2度目の全豪オープン優勝を果たした大坂なおみ(2021年2月20日)(C)Getty Images

テニスの全豪オープンは20日、女子シングルス決勝がロッド・レーバー・アリーナで行われ、世界ランキング3位で第3シードの大坂なおみ(日本)は、同24位・第22シードのジェニファー・ブレイディ(米国)と対戦。6-4、6-3でストレート勝ちを収め、2年ぶり2度目の全豪オープン優勝を果たした。四大大会での優勝は通算4度目。

◆【動画】現地実況も思わず「冗談でしょ!?」全豪オープンでの大坂なおみ“強打”ハイライト

大坂は最速197キロのサーブで6本のエースを奪い、ファーストサーブでの得点率も73%を記録。2020年の全米オープン準決勝では接戦を演じたブレイディを圧倒し、わずか77分で全豪女王の座に返り咲いた。

■「皆さんからのエナジーは私にとって大きなもの」

試合後のスピーチで大坂はチームや家族への感謝を述べると、会場に集まったファンに向けても「観戦に来てくれてありがとう。皆さんからのエナジーは私にとって大きなものです。心を開いて、私たち選手を迎え入れてくれたことに感謝します。

グランドスラム決勝での勝利は素晴らしい経験だし、この機会を与えてくれてありがとう。来年もこの場に戻ってこられたらと思います。どうもありがとう」と語った。

また、敗れたブレイディも大坂の全豪制覇を祝福し、「彼女は私達(女子選手)にとっても重要な存在。自宅で観戦しているであろう若いテニス女子達も、彼女のプレーに影響を受けているはずです」と賛辞を送った。

テニス界に新女王誕生、大坂なおみの四大大会決勝勝率から眺める今後…… 

大坂の圧巻全豪Vに海外メディアも衝撃「強すぎた」「彼女の負けを覚えてますか?」

大坂なおみ、日本語で「勝ったよ!」。満面の笑みで日本のファンに優勝を報告

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします