【スキー】高梨沙羅、個人種目初の金メダル獲得へ 1位で予選を通過

予選首位通過に笑顔で応える高梨沙羅(2021年2月24日) (C)Getty Images

FIS世界ノルディックスキー選手権は24日(日本時間25日)、ドイツのオーベルストドルフでジャンプ女子個人ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS106m、K点=95m)の予選が行われ、高梨沙羅がK点越えとなる103.0mのジャンプで142.6点を記録。予選を首位で突破し、25日(同26日)に行われる本戦で個人種目初の金メダル獲得を狙う。

◆高梨沙羅、首位で世界選手権本戦へ 女子初の“金銀銅コンプリート”なるか

2位は140.1点のマリタ・クラマー(オーストリア)、3位は135.4点のエマ・クリネツ(スロベニア)。高梨のほか日本勢は、伊藤有希が99.0m・126.5点で10位、丸山希が93.5m・113.2点で20位、勢藤優花が88.0m・104.8点で26位とそれぞれが予選を通過している。

【動画】これぞ高梨沙羅!2021年W杯・ルシュノヴ大会で勝利を決めた大ジャンプ

【スキー】高梨沙羅、首位で世界選手権本戦へ 女子初の“金銀銅コンプリート”なるか

【スキー】小林陵侑、W杯17勝はレジェンド葛西に並び日本人最多 男女歴代勝利数一覧

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします