【スノーボード】平野歩夢、FIS大会優勝 銀メダル平昌五輪以来の出場

平野歩夢(2018年3月10日) (C)Getty Images

スノーボードのワールドカップは25日(日本時間26日)、米コロラド州アスペンで行われ、下部ツアーのハーフパイプで日本の平野歩夢が優勝した。平野は92.75点をマークし、84.50点だった2位のジョシュア・ボウマンに大差をつけての優勝だった。

平野は2014年ソチ、2018年平昌五輪スノーボード・男子ハーフパイプ2大会連続の銀メダリストで、現在はスケートボードでも東京五輪出場を目指している。東京五輪出場となれば、史上初の夏冬2大会2年連続で出場となる。

◆平野歩夢、新体制「TEAM FALKEN」で東京五輪へ(2019年記事)

平野が国際スキー連盟FIS)公認大会に出場するのは平昌五輪以来。3月中旬に米コロラド州アスペンで開催される世界選手権の日本代表には選出されていないが、今後の動向に注目が集まる。

平野歩夢のスペシャルムービーが公開「1人でも多くの人が自分の目指すことにチャレンジしていってくれたら」

中村輪夢が“憧れの存在”平野歩夢らと「TEAM FALKEN」に 18歳で迎える東京五輪への想い

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします