【競馬】「弥生賞」ダノンザキッドとタイムトゥヘヴンの明と暗。どちらかに該当する「馬券内率0%データ」とは

今週は中山競馬場で弥生賞(芝2000m)が行われる。

クラシック第一弾・皐月賞と同じ舞台で施行される一戦。今年はホープフルS覇者ダノンザキッドが参戦ということで本番との繋がりはより強固なものとなりそうだ。

データで紐解く今年の弥生賞。過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをご覧いただきたい。

1.ダノンザキッドを後押しする「馬券内率100%」データ
2.タイムトゥヘヴンの鬼門は「馬券内率ゼロ」の前走逃げ脚質
3.データが導く2021弥生賞の穴馬候補は?

◆データが導く2021弥生賞の穴馬候補 アノ伏兵馬の不安要素を吹き飛ばすデータ

■ダノンザキッドを後押しする「馬券内率100%」データ

新馬→東スポ杯2歳SホープフルSと無傷の連勝。3歳世代の絶対横綱として今年の初戦を迎えるダノンザキッド

これから続くクラシック本番に向けたここは叩き台のレース。わずかな死角を見出したいところだが、こんな強力なデータが浮かび上がった。

・前走GIで連対【1-1-3-0】

馬券内率に換算すると100%。春初戦のトライアルレースにおいて、2歳時の実績は評価すべしとの傾向がうかがえる。

中山芝2000mの経験値も申し分ないダノンザキッド。普通に走ればまず大崩れは考えにくいところだ。

■タイムトゥヘヴンの鬼門は「馬券内率ゼロ」の前走逃げ脚質

前走京成杯で2着、中山芝2000m実績ではメンバー中トップクラスを誇るタイムトゥヘヴン

得意条件で迎えるここは絶好の狙い時にも思えるが、懸念すべきデータがこちら。

・前走逃げて3着内だった馬【0-0-0-8】

決して逃げ馬が不振とは言えないレースだが、なぜか「前走逃げて好走」した馬をとことん受け付けない性質を持つ弥生賞。正直なところ京成杯は馬場・展開ともに恵まれた面もあり、ここは試金石の一戦と言える。

◆データが導く2021弥生賞の穴馬候補 アノ伏兵馬の不安要素を吹き飛ばすデータ

【競馬】「弥生賞」ダノンザキッドの2枠は過去10年で勝率0% データ傾向「ローテ・脚質・枠順・人気別」

【競馬】「弥生賞」ダノンザキッドら有力馬追い切りジャッジ&狙える穴馬プラスワン!

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします