浦和レッズ・長澤和輝も驚愕…ブラジルを沈めたベルギーの攻撃に「どうやって守ればいいんだ…」

浦和レッズの長澤和輝選手が7月7日にツイッターを更新して、ロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝でブラジルを破ったベルギー代表の強さに驚いていた。

2016年9月のスペイン戦を最後に無敗が続くベルギーは、この試合でも鋭いカウンターで決勝点を奪った。

日本も沈んだベルギーのカウンター

立ち上がりはブラジルにもチャンスがあった。しかし、チアゴ・シウヴァ選手のシュートはポストを叩き、パウリーニョ選手が絶好機を逃すと流れはベルギーに傾く。

前半13分にヴァンサン・コンパニ選手がCKの軌道を変えると、ボールはフェルナンジーニョ選手の腕に当たってオウンゴール。ベルギーが先制した。

さらに同31分にはブラジルのCKからこぼれ球をロメル・ルカク選手が拾い、ベルギーは日本戦でも見せたカウンターが発動する。

ルカク選手が高い位置まで力強く持ち上がり、右から上がっていたケヴィン・デ・ブライネ選手にパスを通す。

デ・ブライネ選手はエリアの外から狙い澄ました右足一閃。低い弾道でゴール隅に強烈なシュートを突き刺した。

(c)Getty Images

ブラジルも後半31分にレナト・アウグスト選手のゴールで1点を返し攻勢に出るが、守護神ティボー・クルトワ選手がカナリア軍団の前に立ちはだかる。

最後にネイマール選手が放ったシュートも弧を描きながら枠内へ飛んでいたが、クルトワ選手が右手一本で弾き出した。

プロも脱帽するベルギーの攻撃力

この試合を見ていた長澤選手もタレント軍団ベルギーの攻撃力に脱帽する。

「ルカクとアザールが両サイドに張ってデブルイネ真ん中にいてカウンターされたらどうやって守ればいいんだ…」

日本代表としてラウンド16でベルギーと対戦した長友佑都選手も「ベルギー強すぎる」とツイッターを更新し、「俺らこんな怪物たちに真っ向勝負挑んでたんか。。ベルギーに優勝してほしい」と激闘を演じたライバルたちにエールを送った。

1986年大会以来2度目のベスト4に進出したベルギー。初優勝まで無敗記録を伸ばせるか。

≪関連記事≫

ベルギー代表エデン・アザールってどんな人?生い立ちや人柄、私生活に迫る

ベルギー代表 ルカクってどんな人?私生活や人柄に迫る「牛乳を水で薄めて飲んだ少年時代」

フランス代表・カンテがかわいい…「AKB入れたらセンター狙える」

ベルギー代表 デ・ブライネってどんな人?8歳のころ所属チームのコーチに「他のチームの方が練習の質が高い」

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします