【プロ野球】今カードの見どころ<セ・3/26-28> 「阪神の怪物ルーキー・佐藤輝明は“本物”か」

阪神・佐藤輝明 (C)共同

▼セ・リーグ対戦カード

・3/26-28:ヤクルト阪神(神宮)
・3/26-28:巨人DeNA(東京ドーム)
・3/26-28:広島中日(マツダスタジアム)

◆セ・パ打率TOP5好不調トレーダー 「パ首位打者・吉田正はオープン戦3割超で開幕戦へ」

■注目はオープン戦優勝の阪神、佐藤&藤浪は“本物”か

開幕カードの最大の注目は、ヤクルト阪神(神宮)だ。2005年以来16年ぶりのリーグ優勝を狙う阪神が、どのようなスタートを切るのか。オープン戦では9勝2敗2分(勝率.818)で見事に優勝。12球団トップのチーム打率.267、17本塁打と打線爆発した中で、ルーキー・佐藤輝明がドラフト制以降の新人最多本塁打記録を更新する6本塁打を放って話題を集めた。

「オープン戦の勢いのままに開幕ダッシュ」できるのか、それとも「ペナントレースは別物」となるのか。重要な開幕3連戦になる。特に開幕戦は藤浪晋太郎が先発。近年、制球難に苦しんで本来の力を発揮できないシーズンが続いたが、今季は復活気配。佐藤と藤浪、この2人が“本物”なのかどうかの答え合わせの試合になる。

その他では、メジャー移籍を断念して球界最高年俸(推定8億円)で残留して日本一奪回を誓う巨人菅野智之と、不振と右肘手術で5勝に終わった昨季の悔しさを胸に、今季オープン戦で15イニング無失点の防御率0.00と絶好の仕上がりを見せた広島大瀬良大地の開幕マウンドに注目。

昨季4位のDeNAは、コロナ禍の影響で外国人不在の中、三浦大輔新監督に“監督初勝利”を果たして何戦目にプレゼントできるのか。どのチームも開幕3連敗スタートだけは避けたいところだ。

◆【パ・リーグ】今カードの見どころ<3/26-28> 「楽天の田中&早川の今季初マウンドはいかに」

【プロ野球】セ・パ打率TOP5好不調トレーダー 「パ首位打者・吉田正はオープン戦3割超で開幕戦へ」

【プロ野球】投手vs打者の対戦成績から予測する開幕戦のキーマン5選 「巨・菅野 vs デ・佐野は対戦打率4割超」

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします