エムバペ、グリーズマンが喜びのインスタ更新…フランスが20年ぶりの優勝に王手

フランス代表がFIFAロシア・ワールドカップ(W杯)準決勝でベルギー代表に1-0の勝利を収め、3大会ぶりの決勝に駒を進めた。

もともと前評判が高く、大会を通じてチームの完成度を高めてきた両国の対戦は期待を裏切らないものとなり、どちらが勝っても不思議ではなかった。

フランスはベルギーが勢いづいた時間帯を無失点で切り抜け、後半にセットプレーから奪った虎の子の1点を守り、1998年に行われたフランス大会以来20年ぶりの優勝に王手をかけた。

3大会ぶりの決勝戦に選手たちもSNSで喜びを綴る。

19歳で夢の舞台に立つエムバペ

今大会で大ブレイクを果たしたFWキリアン・エムバペ選手は、インスタグラムで「夢のようだ」とW杯の決勝でプレーできることに興奮していた。

WHAT A DREAM 🤭🇫🇷💥

A post shared by Kylian Mbappé (@k.mbappe29) on

1998年12月生まれのエムバペ選手は、フランス大会以後に生まれた代表選手としてW杯初ゴールを挙げ、リオネル・メッシ選手やクリスティアーノ・ロナウド選手が早々にロシアを去った大会で新世代の旗手と注目された。

持ち前のスピードを活かした突破力でベルギー戦も活躍したエムバペ選手が、フランスに20年ぶり2度目の優勝をもたらして世代交代を完遂できるかも見所だ。

フランス代表の神童エムバペ(ムバッペ)ってどんな人?生い立ちや家族、経歴に迫る

素晴らしい物語をハッピーエンドで締めくくりたいグリーズマン

自身2度目のW杯で初の決勝進出を果たしたアントワーヌ・グリーズマン選手も、インスタグラムを更新して「あと1試合!」とファイナルの舞台に立てることを喜んだ。

Plus qu’un match ! VIVE LA FRANCE 🇫🇷

A post shared by Antoine Griezmann (@antogriezmann) on

大会前の投稿では「長い物語の最初の1枚」と綴り、チームメイトと笑顔を見せていたグリーズマン選手だが、その願い通り最も長くロシアW杯を戦うチームになった。

この物語を最高のハッピーエンドで締めくくれるか。

≪関連記事≫

グリーズマンってどんな人?生い立ちや人柄に迫る…「第2の祖国」と呼ぶウルグアイとの関係性

フランス代表の神童エムバペ(ムバッペ)ってどんな人?生い立ちや家族、経歴に迫る

フランス代表グリーズマンの背番号が”7″の理由…夏なのに長袖なのはどうして?

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします