最速120キロの美女左腕・笹川萌が語る「野球と私」後編・女子野球の現在地と“大舞台”への思い

YouTubeなどでも活躍中の野球女子・笹川萌さん(写真:本人提供)

明るい笑顔と可憐なユニフォーム姿、そして確かな野球の実力でYouTubeなどでも話題を集める笹川萌さんは学生時代、横浜隼人高校尚美学園大学といった女子野球の名門校でプレーするなど真剣勝負の世界を経験、その体験が現在の活動に大いに活かされている。

インタビュー後編となる今回は、YouTubeでの活動に至った経緯や、昨今盛り上がりを見せる女子野球界についての考えを聞いた。

【画像ギャラリー】笑顔が眩しい笹川萌さんのプレー写真および私服オフショット

【インタビュー前編】最速120キロの美女左腕・笹川萌が語る「野球と私」白球を追い続けた学生時代

■女子野球選手が抱える不安

高校、大学と女子野球の第一線でプレーをしてきた笹川さんだが、ある壁に直面することになる。女子野球選手が抱える不安の一つとも言える「キャリアパス」の問題だ。

「大学野球をやっていても、『その後どうするの?』という、先が見えない不安はありました。今、頑張っている野球女子も同じ気持ちなんじゃないかなと思います。

(当時は)まだ女子プロ野球もスタートしたばかりで、クラブチームも少なかったので、仕事をしながら野球をするとなると……仕事のストレスを抱えながら野球をやりたくはないなという思いがあったので、ここ(大学)でやりきろうと決めてました」

当時も現在も、男子選手に比べると女子選手の受け皿の絶対数はまだまだ少ない。笹川さん自身も大学卒業のタイミングで一区切りをつけ、就職をしたという。

就職後も草野球レベルでは野球を楽しんでいたという笹川さんだが、この草野球から新しい扉が開くことになった。

■草野球から開いたYouTubeへの扉

「ある時の試合相手に野球YouTuber(ムコウ)さんが所属していて、自分がその試合で良いピッチングをして、相手のエースからもヒットを打ったことで、向さんから『こいつはヤバい!』とコラボのお話をいただきました。

最初は『自分なんてそんなたいしたことないですよ』と断ったんですけど、『大丈夫だから!』という勢いに負けて出演したところ……現状にたどり着きました(笑)」

その後の活躍は説明不要だろう。ある時はピッチングで、またある時はバッティングで、笹川さんは野球YouTuberのチャンネルを席巻することになる。

なかでも話題を集めたのは、その左腕から投じられるキレの良いボールだ。高校入学当初から投手を務めていたということも納得の投げっぷりだが、自己ベストの球速については予想外の返答が……。

「女子はなかなか球速が表示される球場でプレーができないんですよ。試合をやっても、大学や球速が出ない球場なので、正確な数字はわからないんです。

硬式野球部に所属する男子に打席に立ってもらった際に「130キロ近くは出てるね」ということでした。130~140キロを経験したことがある人から見た球速ですね。(投げたときは周囲がびっくりして)人だかりができてました(笑)」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします