【スポーツビジネスを読む】スポーツ界の次世代リーダー、葦原一正ハンド代表理事 後編 日本における「スポーツの地位向上」とその勝算

(C)JHL/Yukihito Taguchi

スポーツ界のトップランナーに焦点を絞ったSPREADの新シリーズ「スポーツビジネスを読む」、今回はBリーグの元事務局長であり、4月1日より一般社団法人ハンドボールリーグ初代”代表理事に就任した葦原一正さんを東京外苑前の事務所に訪ねた。

スポーツ界の次のリーダーは葦原一正である」……多くの関係者がそう考えていたが突如、Bリーグを退き周囲を驚かせたかと思うと、ハンドボール・リーグ代表理事に就任。やはり、この男はひと味違うと唸らせた。

葦原一正(あしはら・かずまさ)

●一般社団法人日本ハンドボールリーグ代表理事
1977年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修了後、アーサー・D・リトル(ジャパン)入社。2007年オリックス・バファローズ、2012年横浜DeNAベイスターズを経て2015年、公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)事務局長に。2020年に退任し、今年4月より現職。

◆【前編】スポーツビジネスは「中学3年からの夢」

■ハンドボール・リーグの勝算とは……

コンサル、球界からバスケットボール、そしてハンドボールと転身を続ける彼自身の原体験から、スポーツビジネスのキャリアを模索する者へのアドバイスをもらうとともに、昨今浮き彫りになりつつある日本スポーツ界の問題点、まだ日本では決してメジャーとは言い切れない、ハンドボール・リーグの勝算を聞いた。

✱             ✱

葦原さんは2021年4月1日、日本ハンドボールリーグの代表理事に就任した。就任内定時2月14日には以下のような声明を残している

「突然の打診で大変驚きましたが、日本ハンドボール界発展のために最大限尽力させて頂ければと思います。また、日本ハンドボール界の発展により、その他の小さな競技団体にとって希望の光となり、日本がもっとスポーツ溢れる豊かな国になれればと思っています。ハンドボール界の皆様、そしてファンの皆様、これから宜しくお願いします。新しい世界に共に進んで行きましょう」。

バスケからハンドなのか…。誰もが意外に感じただろう。その点、どんな決断があったのか、単刀直入に訊ねた。

「意外ですか。そうですよね、みなさん『次はラグビーか、卓球かと思った』とおっしゃいます。ハンドボールからまさかの招聘。今年1月下旬に打診が来て、選考委員長に『本気ですか』と訊ねてしまいました。法人化し、最初の代表理事ですからとても大事なポジションですし」。

本人もその意外性にやや驚いたという。競技者としてハンドボールの経験もなく、またハンドボールの試合も観戦したことがなかった。

「最初は悩みました。オリックスも、DeNAもバスケも、これまではすべて即決でしたけど。ハンドボールは(内部が)揉めていると噂だったので、ボクひとりが行っても何も変わらないと……今回は悩みました。間野(義之)先生(早稲田大学スポーツ科学学術院教授)に相談すると『昔に比べて落ち着いているようです』とアドバイスをもらいました」と前向きに検討した。

そこで2つの条件を提示した。

1.ガバナンス強化
2.パラレルワーク

「とにかくガバナンスを効かせます。JリーグBリーグのような意思決定プロセスの形態にします。まずそれを飲んでくださいとお願いしました。また、今後の働き方として、パラレルワークをお願いしますと。Bリーグの後、会社を設立し、コンサルタントとして滑り出していましたから、この両立を条件にさせてもらいました。パラレルワークは、世の中の流れもありますし、何より若い人にとって、これからのスポーツの世界はこういう働き方もあり得ると見せられればと思いました。また他の競技団体にとっても、優秀な人を巻き込むのであればこういうやり方もあると提示できればと思いました。私は決して優秀なタイプではありませんが(苦笑)」。

理事……とひと口に言っても2年おきに改選がなされ継続が叶わなければ、次の就活が必要となる立場。キャリア形成上もそんな無駄なことはない。

「100%ではなく、パラレルというコミットメント。これがスポーツ従事者の次のモデルになれば良いと思っています」。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします