【格闘技】神童・那須川天心、2022年中のボクシング転向を正式発表「必ず革命を起こします」

22年中のキック引退・ボクシング転向を正式発表した那須川天心(写真:オフィシャル提供)

初代RISE世界フェザー級王者那須川天心が10日、2022年3月開催予定の『RISE』での試合を最後にキックボクシングを引退し、ボクシングへ転向することを発表した。

那須川が今後出場するキックボクシングの試合数は、最少で2試合、最大でも4試合となっており、その後、2022年中のボクシングデビューに向けて“再始動”する。

【総合格闘技】「RIZIN.28」6月13日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

◆武尊、vs那須川天心“6月東京ドーム”報道に「自分の口で伝える」

■現在はボクシングデビューに向け準備中

史上最年少の16歳で「RISE」のバンタム級王座を獲得し、「RIZIN」などでも活躍を続ける「神童」がいよいよ新たな一歩を踏み出す。

K-1 WORLD GP3階級制覇王者・武尊との一戦への期待も高まっている那須川だが、現在はキックボクシングの練習に加え、パンチの技術を上げる練習をメインにボクシングデビューに向け準備を進めている。

残り数試合となったキックボクシングについて那須川は「プロの格闘家の道に進ませてくれたキックボクシングには愛着もあり、感謝の念が強いです」とし、「(キックの残り試合は)全試合KOしたいですね」と“無敗のチャンピオン”としての矜持をのぞかせた。

■「必ずボクシング業界でも革命を起こします」

本人も「一番下からのスタート」と語るボクシングへの転向だが、「キックの技術があるからこそ、ボクサー相手にも通用する部分があると思う」と語っている。

「“挑戦者としての那須川天心”が勝ち上がっていく姿を、ぜひ見ていただきたいです。必ずボクシング業界でも革命を起こします」と並々ならぬ決意を表明した那須川。迎え撃つ立場を捨て、再び挑戦者となる道を選んだ天才から、まだまだ目が離せない。

◆那須川天心、RISEへの思いと“ポスト天心”の条件 キック人生には「正直悔いはない」

◆那須川天心が激白 武尊との頂上対決は「本当に条件次第です」

◆武尊が戦慄KO防衛 観戦の那須川天心戦実現へ「最高の舞台で最高の試合を」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします