【皐月賞/穴馬アナライズ】エフフォーリアは△評価、ダノンザキッドと前走“三重苦”の盲点が巻き返す

阪神JFの上位2頭が桜花賞でもワン・ツーを飾った牝馬クラシック第1弾。前走・阪神JF組【0-1-0-3】のデータを覆す2頭の走りに、近代競馬の「直行」というトレンドが見て取れる結果となった。

今週は牡馬クラシック第1弾・皐月賞。こちらも過去10年、前走・共同通信杯組が【4-0-2-10】、そして昨年がコントレイル、一昨年はサートゥルナーリアと2年連続で2歳GI・ホープフルSからの直行組が制しており、ここでもやはり「直行」というキーワードが浮上してくる。

一方、主要トライアルの弥生賞は【0-5-2-32】。弥生賞→皐月賞の連勝は2010年のヴィクトワールピサまで遡り、このデータを参考にすれば、弥生賞を制したタイトルホルダー、そして3着に敗れた2歳王者・ダノンザキッドには「黄信号」が灯ることになる。

■例年の弥生賞≠皐月賞は当てはまらない

弥生賞が皐月賞に直結しない理由は、レースの性質の違いにある。例年、前半3F36秒台で入り、勝ち時計2分2秒前後を要する弥生賞と、良馬場であれば前半3F34~35秒台で入り、2分を切ってくる皐月賞。

そもそも10頭前後で施行されるトライアル・弥生賞と、フルゲート18頭で行われるGI・皐月賞。コースも弥生賞はA、皐月賞はBと異なり、つまり同じ中山芝2000mでも条件は全く異なるというわけだ。

芝1800mの共同通信杯組、そしてトライアル組では唯一、【3-1-3-32】と相性のいいスプリングS組が好走している理由は、皐月賞が芝1800mに近いレースの性質を持つことに関係している。

しかし、これはあくまで良馬場・皐月賞の話。今年は土曜が雨の予報。日曜には晴れマークが出ており、レースまでに馬場は回復していくだろうが、それでも1分58秒前後の高速決着とはなるまい。

つまり、今年は例年の弥生賞≠皐月賞という傾向が当てはまらない可能性を秘めている。

◆【穴馬3頭公開】エフフォーリアより評価すべき単勝オッズ10倍以上の盲点とは…

■エフフォーリアを「△」評価の押さえに落とす

例年ではあれば、共同通信杯を快勝したエフフォーリアを最上位に評価するのが妥当だろう。しかし、東京芝1800m1分47秒6の時計で勝ち上がってきた本馬が、時計の掛かる中山芝2000mでパフォーマンスを維持できるかは疑問。

そもそもトビが大きい馬で、小回りの中山コース向きとも思えず、人気ほどの信頼は置けない。

一方、ダノンザキッドは弥生賞で3着と初黒星を喫したが、前有利の展開で脚を余した格好。勝負どころの反応も鈍く、いかにもトライアルといったレース内容だった。

昨年のホープフルS週が時計を要する馬場状態だったのは、近年で最も遅い勝ち時計2分2秒8、そしてレース上がり3F36秒8という数字を見てのとおり。馬場を掻き込むような力強い走法で、むしろ道悪適性は高いと見る。

2強の評価は「ダノンザキッド>エフフォーリア」。エフフォーリアを「△」評価の押さえに落とし、時計の掛かる皐月賞をイメージして穴馬を発掘していきたい。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします