【NHKマイルC/データ傾向】バスラットレオンは大丈夫か、過去10年で14頭好走の「差し」が優勢

9日に東京競馬場で第26回NHKマイルC(GI、芝1600m)が行われる。今年は昨年の朝日杯FS覇者・グレナディアガーズ(牡3、栗東・中内田充正厩舎)が参戦するが、始動戦のファルコンSでよもやの2着。

そのファルコンSを逃げ切ったバスラットレオン(牡3、栗東・矢作芳人)、アーリントンCを制したホウオウアマゾン(牡3、栗東・矢作芳人)、アーリントンCは4着だが2走前のシンザン記念でバスラットレオンを下したピクシーナイト(牡3、栗東・音無秀孝厩舎) と、3歳マイル路線はここまで勝ち馬が目まぐるしく入れ替わっている。

別路線からは弥生賞2着のシュネルマイスター(美浦・手塚貴久)が代表格となる。

前述の馬たちをはじめ今年は逃げ・先行が多いのも特徴で、過去10年では逃げ【3-1-1-5】、先行【2-3-1-36】と好走例はあるものの、【3-3-8-61】とじつに14頭が馬券圏内に好走しているのは差し。そのほか、過去10年のNHKマイルCの傾向を紹介する。

■NHKマイルC・過去10年データ傾向

1枠は0勝、8枠は馬券圏内率27.0%

◆【NHKマイルC/枠順】グレナディアガーズ、シュネルマイスター、バスラットレオンの枠は馬券圏内率10%以下

前走ニュージーランドT組が最多4勝

最多14頭が馬券圏内は差し

1番人気4勝も4年連続連敗


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします