【NHKマイルC/データ攻略】バスラットレオンに黄信号 2歳王者グレナディアガーズは「馬券内率100%データ」が追い風に

今週は東京競馬場でNHKマイルC(芝1600m)が行われる。

かつては「マル外のダービー」と称されたレース。現在は3歳春のマイル王決定戦の舞台として行われるだけでなく、今後の短距離路線を占ううえで重要な意味を持つ一戦となっている。

データで紐解く今年のNHKマイルC。過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをご覧いただきたい。

1.バスラットレオンに吹き荒れる「キズナ産駒の左回り」という向かい風
2.グレナディアガーズを後押しする「馬券内率100%」データ
3.データが導く2021NHKマイルCの穴馬候補は

◆【NHKマイルC/追い切りジャッジ】グレナディアガーズは「B」評価、1週前追い芝で日曜追いパスに疑問

■バスラットレオンに吹き荒れる「キズナ産駒の左回り」という向かい風

前走ニュージーランドTで待望の重賞勝利。マイルに替わってから大崩れのないバスラットレオン

圧巻の逃げ切り勝ちを収めた前走の再現を期待したいところだが……ここでは血統面でのマイナスデータが出現する。

・キズナ産駒の左回り重賞成績【0-1-2-28】

同産駒のJRA重賞10勝はすべて右回り。あまりにも極端な成績の差だ。舞台を東京に限定すると【0-1-0-12】と目も当てられない数字……バスラットレオンに吹き荒れる向かい風にどう立ち向かうのか。ここは試金石の一戦と言えるだろう。

■グレナディアガーズを後押しする「馬券内率100%」データ

朝日杯FSは7人気の低評価を覆すレコード勝ち。3歳春を迎え、世代最強マイラーの座を不動のものにすべく参戦するグレナディアガーズ

年明け初戦の敗戦で評価は決して盤石と言えるものではなくなっているが、同馬にはデータ面での後押しが存在する。

・過去10年の朝日杯FS勝ち馬成績【2-1-0-0】

馬券内率に換算すると100%。これに該当するのはグランプリボスとアルフレード、そしてアドマイヤマーズだ。

クラシック路線には目もくれず、このレースから逆算したローテーションを組まれたグレナディアガーズ。その背景にあるのは朝日杯FS勝ち馬×NHKマイルCの相性の良さなのかもしれない。

◆【NHKマイルC/穴馬アナライズ】グレナディアガーズかシュネルマイスターか、過去の傾向から浮上した単勝50倍以上の大穴馬


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします