【プロ野球/打のキーマン】広島・鈴木、中日・柳に対して過去3年で打率.412の“柳キラー” 同級生対決を制するか  

(C)Getty Images

8日のプロ野球は、セ・リーグはアピールを続ける・広島羽月隆太郎がプロ1号を含む2安打2打点と活躍。パ・リーグでは、日本ハム近藤健介楽天田中将大から2安打を放つなど3試合連続でマルチヒットを記録した。

ここでは打者vs投手の対戦データから読み取った「打のキーマン」をピックアップする。

◆日ハム杉谷は「救世主」 田中将大撃ち&ヘッスラ二盗が「まじでかっこいい」

20年は6打数3安打と快音連発

阪神・糸原健斗 vs DeNA・ピープルズ

安打ランキングで4位につけるなど開幕からコンスタントにヒットを放っており、8日のDeNA戦も1安打1打点とチームの勝利に貢献。相手先発・ピープルズとは打席数が少ないものの、6打数3安打と好相性。

21年 未対戦
20年 .500 6 3 0 0 0
19年 未対戦
18年 未対戦

過去3年で対戦打率.412の“柳キラー”

広島・鈴木誠也 vs 中日・柳裕也

中日先発・柳裕也とは、6打数3安打と得意にしている。過去3年で見ても、17打数7安打とヒットを量産。広島鈴木誠也の前にランナーを貯めることがPointになりそうだ。

21年 .500 6 3 0 0 2
20年 .444 9 4 0 1 1
19年 .500 2 1 0 2 0
18年 .333 6 2 1 0 2

20年の対戦打率.500

オリックス・安達了一 vs ロッテ・小島和哉

4月は打率.328と好調も、5月は.167と低調気味。しかし、ロッテ先発・小島和哉とは昨年は対戦打率.500、今季も.333と苦にしていないだけに、復調のきっかけを掴みたい。

21年 .333 3 1 0 0 0
20年 .500 6 3 0 1 0
19年 .000 2 0 0 1 0
18年 未対戦

◆「突き刺すような」“レーザーギータ”発動にファン驚愕 「低い送球えぐいな」

◆ロッテ佐々木朗の速球は「なんと艶めかしい」 152キロ計測の一投が「まじでえぐい」

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします