【ヴィクトリアマイル/データ傾向】レシステンシアに不安材料、高松宮記念組と逃げ・先行馬は不振

16日に東京競馬場で第16回ヴィクトリアマイル(GI、芝1600m)が行われる。

昨年、安田記念、スプリンターズS、マイルCSを制し、マイル&スプリントGIの2階級制覇とマイルGI春秋連覇を果たしたグランアレグリア(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)は大阪杯4着からの巻き返しを図る。今年の高松宮記念で初のスプリント戦に挑戦しクビ差2着のレシステンシア(牡4、栗東・松下武士厩舎)は再びマイルGIへ挑む。

GI馬の参戦はこの2頭のみだが、昨年の秋華賞2着で今年の阪神牝馬S2着のマジックキャッスル(牡4、栗東・国枝栄厩舎)、その阪神牝馬Sで重賞ウイナーの仲間入りを果たしたデゼル(牡4、栗東・友道康夫厩舎)など、新興勢力も多士済々。

過去10年のデータ傾向で気になる点は前走・高松宮記念組の不振。【1-0-2-12】で勝率・連対率ともに6.7%で、ノームコアが昨年3着、ストレイトガールは14年に3着、翌15年に優勝しているが、基本的には苦戦傾向にある。

また、脚質で見ると差しが【6-5-4-62】で優勢。逃げは【1-0-1-8】と不振で、ヴィクトリアマイルは後ろ有利の傾向にある。前走、高松宮記念から挑むレシステンシアは、1400m以上のレースではここまで逃げ・先行で結果を残してきた。同馬にはマイナスデータが降りかかる。

そのほか、過去10年のヴィクトリアマイルの傾向を紹介する。

◆【ヴィクトリアM/枠順】レシステンシア、マジックキャッスルの枠は過去10年で僅か1勝

■ヴィクトリアM・過去10年データ傾向

前走・阪神牝馬Sが最多4勝

差しが過去6勝

4歳が5勝で連対率13.8%

6枠が3勝でトップ、1・4・5枠は勝率0%

1・5番人気が過去2勝、1番人気の連対率が50.0%

◆【ヴィクトリアM/穴馬3頭公開】サウンドキアラの「リピーター」人気に疑問、狙いは10番人気以下の盲点

◆【ヴィクトリアM/追い切りジャッジ】グランアレグリアを上回る「A」評価の穴馬、ラストは“待ってました”の反応

◆【ヴィクトリアM/追い切りジャッジ】グランアレグリアとレシステンシアを上回る「S」評価、好勝負の可能性十分

◆【ヴィクトリアM/枠順】レシステンシア、マジックキャッスルの枠は過去10年で僅か1勝

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします