アルバルク東京・菊地祥平、大好きなスイーツのイベントに参加「スイーツのお仕事大募集」

アルバルク東京の菊地祥平選手がインスタグラムを更新して、チームメイトのザック・バランスキー選手と一緒に、日本スイーツ協会スペシャル交流会に参加してきたことを報告している。

どら焼きなら「7、8個でやっと満足」という甘党の菊地選手は、アルバルクのBリーグ制覇を祝した記念ケーキを喜び、デコレーションにも挑戦して今回は作る側にも回った。

アルバルクのマスコットキャラクター「ルーク」のアイシングクッキー(投稿2枚目以降)を作った菊地選手は、あらためて「#当たり前だけどプロの腕前のスゴさを痛感」していた。

この投稿にフォロワーからは、「祥平選手のルーク可愛い。販売して欲しいけど・・・ルークを食べるのはちょっと気が引けるかも」「アイシングは貴重な体験ですよね!ルークがとても可愛いですね」「祥平さんて、なんでも器用ですね」「チョコペンも上手でルークの顔の感じがじわじわきますね」などのコメントが寄せられている。

日本スイーツ協会スペシャル交流会に参加させていただきました。 優勝記念ケーキを作っていただいたり、クッキーにデコレーションするアイシングをさせてもらったりと、とても貴重な経験をさせていただきました! 辻口先生、脇坂シェフ、パティシェールの林様、木村アナウンサー、スイーツコンシェルジュ会員の皆様、賛助会会員の皆様、関係者各位、本当にありがとうございました!! #アルバルク東京#alvarktokyo #日本スイーツ協会 #辻口博啓先生 #スイーツコンシェルジュスペシャルアンバサダー #アイシング #当たり前だけどプロの腕前のスゴさを痛感w #スイーツのお仕事大募集

Shohei Kikuchiさん(@k_shohei13)がシェアした投稿 –

≪関連記事≫

アルバルク東京・菊地祥平、オフは大好きなスイーツを楽しむ「いくら食べても大丈夫…なはず」

アルバルク東京・田中大貴が公約実現!自身主催のイベントに応募者が殺到

アルバルク東京・安藤誓哉、アサイーボウルでダイエットに挑戦「ジャムおじさんやアンパンマンだといじられ」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします