【プロ野球/セ・パ交流戦】巨人は楽天と対戦 ウィーラーは古巣との対戦で活躍なるか

2年ぶりの開催となるセ・パ交流戦だが、12名の新型コロナウィルス感染者が出た広島は25日と26日に行われる予定だった西武戦が中止になる非常事態。

24日の代表者会議では、予備日を含めた日程の中で全試合を消化できなかった場合、来月17日終了時点で最高勝率の球団を「優勝」とすることが決まった。

◆巨人・梶谷隆幸「お前もか」、交流戦を前に相次ぐ主力の離脱に“テコ入れ”敢行

■5/25〜5/27:ヤクルト vs 日本ハム(神宮球場)

パ最下位に低迷する日本ハムだが、交流戦通算成績は186勝157敗11分で勝率.542と12球団2位の好成績。規定打席到達者では近藤健介と 渡辺諒の打率.254が最高と、チーム打率12球団ワーストの打線が得意の舞台で生き返るか。

ヤクルトはシーズン2位になった18年に交流戦で12勝6敗と好成績を残しており、今季もパ相手の戦いぶりがAクラス入りのカギになりそうだ。

■5/25〜5/27:巨人vs 楽天(東京ドーム)

リーグ2位同士の対戦となる巨人vs楽天では、ここまで打率.391と絶好調のウィーラーが古巣と初対戦。

楽天は岡島豪郎が21日の試合で今季初の4安打を記録するなど、5月は月間打率.361と当たっている。

■5/25〜5/27:DeNA vs オリックス(横浜スタジアム)

パ5位のオリックスは、通算対戦成績が37勝21敗1分と得意のDeNA相手に浮上を狙う。横浜スタジアムで12球団本拠地最高の通算打率.400をマークしているT-岡田の打棒が爆発するか。

流れを変えたいセ最下位のDeNAはオースティン佐野恵太桑原将志が5月月間打率で3割以上をマークしており、打ち勝つ野球に期待。伊藤光が古巣相手にどんなプレーを見せるかも注目だ。

◆【今週の注目打者】中日・大島洋平が誇る安定感 無安打の試合は5試合のみ

◆【今週の注目打者】9試合連続ヒット中のSB・柳田悠岐 5月の打率.338

◆【見どころ/セ・パ交流戦】怪物ルーキー・佐藤輝明、ロッテの若手投手陣から豪快アーチなるか

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします