【MLB】大谷翔平を乗せた鉄道会社に脚光も…現地ファンからは“素朴な疑問”「なぜサンフランシスコ?」

エンゼルス・大谷翔平 (C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地オークランド・アスレチックス戦に「2番・DH」で出場し、3打数無安打に終わった。当初は先発(投手専念)する予定だったが、移動途中に交通トラブルに巻き込まれ、スタジアム到着が遅れたため登板が見送られた。チームは0-5で敗れて、連勝は3で止まった。

◆【画像】もし大谷が駅にいたら……斬新すぎる発想の地元メデイアが「大谷翔平の電車移動」を画像で表現

■登板日のルーティンをこなすことができず

慌ただしい1日だった。エンゼルスの宿泊先であるカリフォルニア州サンフランシスコとアスレチックスの本拠地を結ぶ橋「サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ」で、交通事故による渋滞が発生したことが発端だった。

大谷らを乗せたチームバスはスタジアムに向かう途中、この渋滞に巻き込まれたため、予定を変更。バスは1度ホテルに戻り、移動手段を鉄道の「BART(ベイエリア高速交通)」に替えて球場入りした。

通常なら宿泊ホテルから球場まで45分程度で行けるが、鉄道に乗り換えた影響で球場着が大幅に遅れてしまった。このため、マドン監督は「ショウヘイは先発するとき、投げる4時間前からルーティンをこなすが、遅延でそれができなくなってしまった。そこで今夜は投げないということに変更した。投げないならDHで使うということ」と、先発回避の理由を説明した。

代替の移動手段となった「BART」は、大谷の乗車にビックリ。公式ツイッターに「ショウヘイ・オオタニのようなスーパースターをBARTにお迎えできるとは、何と光栄なことでしょう。我々の中央管理センターでは、ベイブリッジで事故が起きている間も遅れがないことを確認しております。」と投稿した。

「遅れがない」とつづったのは、マドン監督が会見で「バスから乗り換えたが、BARTでも問題があったようだ」と話したことに対して、訂正を入れたものとみられる。

また、今回の思わぬハプニングは現地ファンの間でも話題となっているが、一部のファンからは「オークランドで試合があるのに、サンフランシスコに滞在するんだ」と“素朴な疑問”も飛び出した。その後、ホテルや周辺環境の都合などで同様のケースが多いことが指摘されると、納得の声も相次いでいる。

ついには鉄道会社のSNSにも登場した大谷だが、指揮官が漏らした“4時間前からのルーティン”がどんなものか、興味を持った人も多かったのではないだろうか。

◆【画像】もし大谷が駅にいたら……斬新すぎる発想の地元メデイアが「大谷翔平の電車移動」を画像で表現

◆大谷翔平はどれだけ厳しいジャッジを打席で受けているのか? 今季の「ストライク判定」をデータで振り返る

◆「残留するかどうか」大谷翔平の去就に米紙が早くも注目 交流戦では外野守備でも沸かせるか

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします