【日本ダービー/データ攻略】エフフォーリアとサトノレイナス、人気馬2頭の明暗を分ける「100%データ」とは?

今週は東京競馬場でGI・日本ダービー(芝2400m)が行われる。17頭立てとフルゲート割れしてしまったものの、無敗の皐月賞馬エフフォーリアとウオッカ以来となる牝馬のダービー制覇を狙うサトノレイナスという「極上のマッチメイク」が成立。世代の頂点をかけた戦いにふさわしいメンバーが揃った。

データ面から今年の日本ダービーを過去10年のデータ分析から攻略への糸口を見つけていきたい。

【日本ダービー/追い切りジャッジ】サトノレイナスは辛口評価「B」、ゴーサインにギア上げず「精神面に一抹の不安」

■無敗の皐月賞馬エフフォーリアに死角はあるのか

共同通信杯でクラシック戦線の有力候補に名乗りをあげ、皐月賞では後続に3馬身差と決定的な差をつけGI制覇を成し遂げたエフフォーリア。5年目の若武者・横山武史とのコンビで挑む大一番。コントレイルに続く無敗の二冠馬達成に突き進む同馬に死角はあるのか。ここではふたつのデータを紐解く。

・1000m通過60秒0以下未経験馬の成績【0-2-1-22】

タイトルホルダーバスラットレオンタイムトゥヘヴンが参戦する今年。これらの馬がやり合えばテンは一気に速くなることだろう。エフフォーリアにとって、レコードが出るレベルのハイペース適性は未知数。「勝ち切ること」を基準に考えたとき、少々気になる数字だ。続いて、こちらのデータ。

・東京芝1800m重賞で2着に0秒4差以上での勝利実績あり【3-1-0-0】

ディープブリランテ、ワグネリアン、コントレイル、スワーヴリチャードがこれに該当。東京芝1800m重賞と日本ダービーの強い関連性がうかがえるデータだ。引き当てた枠順も含め、大崩れを想定するのは無理筋なのかもしれない。

【日本ダービー/有力馬アナライズ】“1強ムード”がエフフォーリアを後押し、サトノレイナスと毎日杯組2頭は低評価

■サトノレイナスに吹き荒れる「8枠」データ

その枠順において、厳しい枠を引いてしまったのがサトノレイナス。シンプルなところとして、過去10年における8枠の成績をご紹介しよう。

・8枠の成績【1-0-1-28】

注目は枠順×脚質の関係性。この枠から好走をはたしたワグネリアン、アドミラブルには4角4番手以内での重賞勝利実績あり。この条件を満たさず、重賞勝ちすらないサトノレイナスにとって厳しい条件と言わざるを得ない。後編ではデータ面から浮上するオークスの穴馬候補2頭を紹介する。

【日本ダービー/データ攻略】前走上がり最速の脚も完敗の穴馬、強力データが示す「6-1-1-0」の“買い”要素

■日本ダービー2021予想コラム一覧

▼データ予想
◆【後編・穴馬】前走上がり最速の脚も完敗の穴馬、強力データが示す「6-1-1-0」の“買い”要素

▼穴馬予想
◆【前編・有力馬】“1強ムード”がエフフォーリアを後押し、サトノレイナスと毎日杯組2頭は低評価

◆【後編・穴馬】10番人気以下に潜む“盲点”、皐月賞敗退組の巻き返しで「一角崩し」を狙う

▼追い切り予想
◆【有力馬】エフフォーリアを上回る「S」評価、前走激走の反動皆無「心肺機能は文句なし」

◆【有力馬】サトノレイナスは辛口評価「B」、ゴーサインにギア上げず「精神面に一抹の不安」

◆【有力馬】エフフォーリアは2番手評価「A」、動き上々も回復に若干手間取ったか

◆【穴馬】前走完敗の伏兵に「A」評価、稽古駆けするOP馬を圧倒「「闘志満々」

▼その他、データ傾向
◆【騎手データ】エフフォーリアの横山武は東京芝2400mわずか1勝、連対率30.4%を誇る“府中の鬼”とは

◆【過去10年データ/枠順傾向】エフフォーリアの1枠は最多3勝の“絶好枠”、サトノレイナスは連対率わずか3.3%の“鬼門”8枠

◆【過去10年データ/人気傾向】2番人気は勝率「10%」、1・2番人気ワンツーは過去10年で昨年のみ

◆【過去10年データ/前走ローテ】エフフォーリア、二冠達成の確率は「30%」 無敗でも過信は禁物

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「日本ダービー2021全頭分析」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします