【テニス】大坂なおみ、ツイッターで全仏棄権表明、うつ病も告白「少しの間、コートから離れようと思う」

全仏オープンを棄権した大坂なおみ (C)Getty Images

テニスの四大大会・全仏オープンで2回戦に進出していた世界ランキング2位の大坂なおみは1日、自身のツイッターで大会から棄権する意向を表明した。

◆【大坂なおみのツイート全文】私が大会を棄権することがベスト、「少しの間、コートから離れようと思っている……いつかまた会いましょう」

大坂は大会開幕の前に、アスリートの心の健康が無視されているとして、大会中の記者会見に応じないことを表明。30日の1回戦で世界ランキング63位のパトリチアマリア・ツィグ(ルーマニア)と対戦し、2-0のストレート勝ちを収めたが、宣言どおりに試合後の記者会見を拒否した。これに対し、大会主催者が1万5000ドル(約165万円)の罰金を科せられていた。

なお、大坂は2日のシングルス2回戦で世界ランク102位のアナ・ボグダン(ルーマニア)と対戦する予定だった。

31日に投稿されたツイッターでは「私が大会を棄権することで、みんながテニスの大会に集中できる」とし、全仏オープンの棄権を表明した。また、2018年の全米オープン以降、うつ病に苦しんでいることを明かし、「少しの間、コートから離れようと思っている」と綴っている。

四大大会の記者会見不参加については物議を醸し出し、大坂の今後の動向がさらに耳目を集めていた中での衝撃、これには主催者側も、アスリートの健康に配慮するとのコメントも発表した。東京五輪で大坂の活躍も期待されただけに、コートへの復帰時期も気になるところ。まずは元気な大坂の復帰を望みたい。

◆【全仏オープン/大会前プレビュー】大坂なおみ、赤土の全仏制覇へ……「過酷な闘い」で新たな進化を生み出せるかがカギだった

◆【全豪オープン/グランドスラム4度目の優勝】テニス界に新女王誕生、大坂なおみの四大大会決勝勝率から眺める今後……

◆【全米オープン/人種差別にマスク着用で抗議】「スポーツパーソン・オブ・ザ・イヤー」日本人が知らない人種差別と戦う大坂なおみ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします