【NBA】八村塁、ダブルダブルで崖っぷちのチームを勝利に導く 米メディア「ウィザーズが生き残った」

20得点を決めてチームを勝利に導いたウィザーズ・八村塁(2021年5月31日) (C)Getty Images

NBAワシントン・ウィザーズは5月31日(日本時間1日)、フィラデルフィア・セブンティシクサーズとのプレーオフ1回戦第4戦を行い、122-114で勝利。所属する八村塁は41分32秒の出場で20得点、13リバウンド、2アシストと、プレーオフで自身初のダブルダブルを達成して勝利に貢献。

ウィザーズは負ければプレーオフ敗退の瀬戸際で一矢を報い、八村はNBAのプレーオフで、日本人選手としては初めての勝利を経験した。

◆【動画】残り50秒で八村塁の3ポイントシュート、アリーナ全体が大歓声に沸いた瞬間

■地元紙「ウィザーズが生き残った」

八村は序盤から奮闘し、第2クオーターの3ポイントシュートでこの試合初得点を奪うと、ラッセル・ウェストブルックのパスから2度、豪快なダンクシュートを決めて会場を沸かせ、前半を終えて7得点6リバウンド。第3クオーターにはブラッドリー・ビールのパスを受け、左手一本でダンクを決めると雄叫びを上げ、残り4分では、この日10個目のリバウンドを奪い、2ケタ得点2ケタリバウンドのダブルダブルを達成した。

第4クオーターでは、リードを広げる豪快なダンクを叩き込み、残り50秒を切ったところでは、勝利を大きく手繰り寄せる貴重な3ポイントシュートを決めるなど躍動。チームを勝利に導く活躍を見せた。

20得点の八村に、米ワシントン放送局『NBCスポーツ・ワシントン』のチェイス・ヒューズ記者は「ルイ・ハチムラがプレーオフゲームで爆発した姿を見せる」と自身のツイッターに投稿。地元週刊紙『ワシントン・シティー・ペーパー』のケリン・ソーング記者は「ウィザーズが生き残った。ルイ・ハチムラがショーを開演」などとツイートし、現地メディアの記者から続々と称賛の声が寄せられた。

東地区1位のセブンティシクサーズを相手に3連敗中だったウィザーズ。負ければ今季終了となる大一番で、本拠地ファンの前で意地を見せる結果となった。次戦は2日(同3日)、セブンティシクサーズの本拠地ウェルズ・ファーゴ・センターに戻り、第5戦が開催される。

◆「負ける気がしなかった」八村塁、日本人初のプレーオフ進出 指揮官も気迫を称賛

◆八村塁、豪快過ぎるワンハンド・ダンクに反響相次ぐ 米メディアも「トッププレー」に選出

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします