【MLB】ダルビッシュ有、投打の活躍で日米通算170勝 “エースの働き”を監督も称賛

メッツ戦で好投したパドレス・ダルビッシュ有(2021年6月3日)(C) Getty Images

サンディエゴ・パドレスダルビッシュ有投手は3日(日本時間4日)、本拠地でのニューヨーク・メッツ戦に先発し、6回途中4安打2失点で6勝目を挙げた。防御率は2.25。チームは4-3で勝利し、連敗を4で止めた。

バットでも2安打を放つなど、投打で活躍したダルビッシュはこれで自身5連勝。松坂大輔岩隈久志に並ぶ、日米通算170勝目(NPB93勝、MLB77勝)をマークした。

【動画】左打者の内角を切り込む「ビューティフル」な一球……球威と変化量を両立させたダルビッシュ有のツーシーム

■「チームが求める仕事をダルビッシュは果たしてくれた」

立ち上がりから危なげない投球を披露したダルビッシュは、5回2死までヒットを許さずゲームメイク。6回1死から相手3番・マッキャンにスライダーを捉えられ2ランを許すと、次打者に死球を与え降板したが、5回1/3で5三振を奪いチームの連敗ストップに貢献した。この勝利でメッツ戦の通算成績は3勝無敗となり相性の良さが目立っている。

また、打席では2回に左前打、4回に右翼線への二塁打を放ち、自身メジャーでは2度目となるマルチ安打を記録した。

ジェイス・ティングラー監督は試合後の会見でダルビッシュについて言及し「立ち上がり4回までは圧倒的だった。マッキャンには良いスイングをされてしまったが、チームが求める仕事をダルビッシュは果たしてくれた」と評価している。

◆新天地で活躍続くダルビッシュ有 古巣番記者は“嘆きのコメント”「彼のことはもう考えないけど……」

◆ダルビッシュと共にパドレス移籍 相棒カラティニが“抜群コンビ”の理由を語る

◆「これが彼を獲得したワケ」ダルビッシュ有、球団史に名を刻む圧巻の奪三振ショー

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします