クリスティアーノ・ロナウド、インスタグラムの1回の投稿で約8300万円を稼いでいた

クリスティアーノ・ロナウド選手が、ネイマール選手やメッシ選手を抑えて2018年インスタグラムにおける「リッチなスポーツ選手」リストのトップに輝いた。

このランキングは、「企業が各選手のアカウントに自社製品を投稿してもらうために、どの程度広告費用を支払っているか」という情報をもとに作成されたものだ。

2018年7月25日現在、クリスティアーノ・ロナウド選手のインスタグラムアカウントのフォロワー数は1億3600万人。

Forza Juve! #FinoAllaFine

A post shared by Cristiano Ronaldo (@cristiano) on

同氏のアカウントには、豪華な私生活の様子や、サッカー選手としての輝かしいキャリアを示す写真が頻繁に投稿されている。企業とのタイアップ投稿もしばし見ることができる。

ナイキとのタイアップ

FIFAとのタイアップ

Excited to be a Bianconero! ⚫⚪ #ForzaJuve @EASPORTSFIFA #FIFA19

A post shared by Cristiano Ronaldo (@cristiano) on

睡眠の質を分析してくれるアプリ「SleepScore」とのタイアップ

一回の投稿で8300万円を手に入れる?

「HopperHQ.com」というインスタグラムのツールが、インスタグラムで最も収益を得ているセレブの情報を公開している。

どれだけユーザーが投稿に反応を示しているか、どれだけ頻繁に投稿がなされているか、フォロワー数なども判断される要素の一つだ。それらは宣伝投稿をするためにいくら企業に請求できるか、という指標へと直接的につながる。

2018年度版の調査によると、企業は約75万ドル(日本円にして約8300万円)をクリスティアーノ・ロナウド選手の「1回の投稿」に支払っているという。

ただ、日本の人口を超える、1億3600万人ものフォロワーに情報を届けることができることを考えれば、高すぎるとは言えないのかもしれない。

全ての金額がクリスティアーノ・ロナウド選手の懐に入ってくるとはいえないだろうが、同選手の大きな収益源のひとつだろう。

ちなみに、ネイマール選手、メッシ選手、ベッカム氏、ベイル選手がスポーツ選手のリストのベスト5となっている。

ネイマール選手の1投稿に対しては約60万ドル(約6600万円)、メッシ選手は約50万ドル(約5500万円)、ベッカム氏は約30万ドル(約3300万円)、ベイル選手は18万5000ドル(約2000万円)という結果となった。

《参考記事》

http://dailypost.ng/2018/07/24/cristiano-ronaldo-beats-messi-neymar-football-rich-list-full-list/

《関連記事》

クリスティアーノ・ロナウド、ゲーム『FIFA19』もユベントス仕様に「興奮している」

クリスティアーノ・ロナウド、ギリシャのホテルサービスに感動して260万円ものチップを残す

「ルカ・モドリッチ」と名付けられた赤ん坊がペルーで初めて誕生…870人のクリロナ、232人のメッシ、23人のグリーズマンに加え

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします