【プロ野球/セ・パ交流戦】両リーグトップの得点を誇るロッテとヤクルト 投手陣がポイントとなるか

(C)Getty Images

交流戦も残り2カード。ここまでセ・リーグ32勝、パ・リーグ30勝、6引き分けと拮抗してきたが、今週から本拠地での6連戦と巻き返したい。

◆【セ・パ交流戦見どころ】交流戦上位対決 鉄壁の投手陣を誇る首位・中日は3位楽天に勝利なるか

■6/8〜6/10:日本ハムvs 阪神(札幌ドーム)

開幕から続いた日曜日の連勝が止まった阪神は、2戦目に先発予定の秋山拓巳が抜群の安定感で自身3連勝中と頼れる存在。

交流戦勝率5割まであとひとつの日本ハムは、中田翔が復帰3試合目で5月1日以来となる打点をマーク。4番の復活でチームを活気づけられるか。

■6/8〜6/10:ロッテvs ヤクルト(ZOZOマリンスタジアム)

リーグ戦の勝率が5割となり、4位オリックスに1ゲーム差とされたロッテは、初戦に先発する二木康太が過去の対戦で2戦2勝のヤクルトを封じてチームを再び貯金街道に乗せ得る。

ヤクルトはベテランの青木宣親が先週の6試合で猛打賞2回を含む12安打と手が付けられない状態だ。

■6/8〜6/10:ソフトバンクvs広島(PayPayドーム)

交流戦で思わぬ不調に苦しむソフトバンクは、牧原大成に代わって「1番・セカンド」を任された三森大貴が2試合連続タイムリーと猛アピール。

コロナ禍で離脱した主力が徐々に復帰しつつある広島は、小園海斗が3試合連続マルチ安打、林晃汰がシーズン打率.452と、高卒3年目コンビが躍動している。

◆【今週の注目打者】ヤクルト・塩見泰隆は夜ナイターに強い 打率.352の本塁打7本と相性抜群

◆【今週の注目打者】西武・森友哉は対左に強いとシーズン3割超え? データで紐解く好調の要因

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします