【MLB】「モンスター襲来」大谷翔平の自己最長143メートル弾に地元メディア驚愕 飛距離は今季メジャー5位

特大弾を放ったエンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地アナハイムでのカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場し、第1打席に17号2ランを放った。飛距離はメジャーで自己最長の約143メートルを記録。本塁打王争いでトップのゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)、アクーニャJr.(アトランタ・ブレーブス)の18本に1本差に迫った。

大谷は3打数2安打2打点、1四球で打率は.261となった。試合はエンゼルスが8-1で勝利し、2連勝を飾った。

【動画】これが自己最長143.3メートル弾! 大谷翔平、今季17号はセンター後方へ驚愕の特大弾

■飛距離は今季メジャー5位

1回無死一塁の場面で迎えた大谷の第1打席。ロイヤルズ左腕バビクのチェンジアップを捉えると、打球は大きな放物線を描きバックスクリーン右に飛び込んだ。打った瞬間に本塁打と確信する特大の17号2ランは、飛距離がメジャー自己最長の470フィート(約143メートル)で、今季ここまでメジャー5位の数字。速度は111.7マイル(約179.7キロ)だった。

過去2試合連続で3四球、勝負を避けられてきたうっぷんを晴らす豪快な一撃だった。米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は速報で「オオタニがメジャーのキャリアの中で自己最長の本塁打を打った」と伝え、米中継局「バリー・スポーツ・ウエスト」は実際の映像とともに「470 FEET!! 111.7 MPH!!」とツイート。さらに「アナハイムにモンスター襲来」と続けた。

■3試合ぶり今季16度目マルチ

止まらない大谷は3回の第2打席でも右中間へ痛烈な二塁打。マルチ安打は5日(日本時間6日)のマリナーズ戦以来3試合ぶりで、今季16度目となった。SNSではサイクルヒットを期待する声も上がったが、第3打席は三振、第4打席は四球となった。

前日の会見で「オオタニに対しては慎重に投げなければならない」と話していたロイヤルズのマシーニー監督だが、3四球を与えた前日から一転、勝負に出たところ散々な結果になってしまった。

【動画】いったいどこまで飛ばすのか…センター後方へ驚愕の特大弾 大谷翔平、自己最長143.3メートルの17号2ラン

◆大谷翔平、“偉大な打者の証”四球攻めも…日本新・山縣亮太も称賛の快足を披露

◆大谷翔平はどれだけ厳しいジャッジを打席で受けているのか? 今季の「ストライク判定」をデータで振り返る

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします