【エプソムC/追い切りジャッジ】3連勝の上がり馬は止まらない、伏兵馬ヤシャマルに「A」評価

■穴馬プラスワン!ヤシャマル

【中間調整】前走が3勝クラスへの昇級初戦。中団から鋭く抜け出し、1馬身差という着差以上に強い内容で勝利を収めた。これで1勝クラスから3勝クラスまで休みを挟んで3連勝と勢いに乗る。その後は短期放牧を挟み、5月19日に坂路で14-14、26日はウッドで14-14を消化。時計以上にキビキビした動きを見せ、連勝の勢い持続をアピールしている。1週前追いは木幡巧騎手が騎乗し、ウッドコース単走。ラストはしっかり負荷を掛けられ、単走とすれば上々の伸びを披露した。

【最終追い切り】騎手候補生が騎乗し、坂路で併せ馬。先行馬に取り付いて追い比べに持ち込むと、手応えはやや見劣ったが仕掛けへ機敏に反応し、最後は2馬身抜け出しての先着フィニッシュを果たした。追えば追うほど伸びるといった雰囲気で、走ることへのモチベーションはかなり高そう。

【見解】前走がある程度の仕上げでの快勝だったが、余力を残してのものだっただけにガクっと来たような雰囲気はない。中間のウッドでは終い重点に仕掛けられ、反応は上々。最終追いの坂路は体重の軽い騎手候補生が騎乗したにせよ、想定より速い時計だった。高いレベルで好調キープだ。

総合評価「A」

◆【エプソムカップ2021/追い切りジャッジ】サトノフラッグ「B」評価、新馬コマンドラインに追走併入も気持ちが乗らず

◆【エプソムカップ2021/追い切りジャッジ】2度目の重賞挑戦で初制覇を狙うシュリに「S」評価、心身ともに絶好の状態に

◆【エプソムカップ2021/追い切りジャッジ】コントレイルの2着の素質馬が青写真通り成長、前走以上の「A」評価

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします