【格闘技】「RIZIN.28」朝倉海、バンタム級トーナメント優勝の先に世界を見据える「世界チャンピオンが目標」

朝倉海(C)RIZIN FF

13日に東京ドームで行われる「RIZIN.28」に参戦する朝倉海は11日、オンラインで記者会見を行い、RIZINバンタム級トーナメント1回戦への意気込みを語った。

元RIZINバンタム級王者は昨年末の「RIZIN.26」大晦日大会で堀口恭司とのリマッチに敗れ、半年ぶりの実戦となる。その堀口戦では左足にカーフキックの連打を浴び、筋断裂で全治1カ月半の怪我を負い、リハリビからのリスタートとなった朝倉。

会見では堀口との3度目のリマッチについて質問されたが、「堀口選手に勝つことが目標ではない。目標は世界チャンピオンになること」と即答し、RIZINバンタム級トーナメントの優勝は通過点であることを強調した。

また、怪我からの復帰戦については「強くなった自信がある」とし、中間のトレーニングについての詳細も明かしている。

◆【朝倉海の公開練習】「RIZIN.24」で対戦した戦友・昇侍とのスパー、「油断が一番危険」

■下半身を強化「組みでも寝技でも負けない」

先日、SNSで公開した朝倉のボディは“バキバキ”の仕上がり。これには元K-1王者の魔娑斗からの助言を受け、走り込み、階段ダッシュ、縄跳びをトレーニングに取り入れ、さらに栄養バランスを意識した食事を摂り入れたという。

そして今回、最もアピールしている点が「下半身の強化」だ。

2019年に1度目の対戦となった堀口戦で1R1分8秒KO勝ち、続く佐々木憂流迦戦も1R54秒TKO勝ちで、相手の顎を粉砕した。19年末のRIZINバンタム級王座決定戦はマネル・ケイプに敗れたが、翌20年も扇久保博正昇侍と立て続けにスタンド攻撃で相手を沈めてきた朝倉だが、一方で打撃に頼る面を指摘する声もあった。

その“弱点”を突かれてしまったのが昨年末の堀口戦で、前進気勢の強い朝倉海の「足」を攻められ、あのカーフキックに沈んだ。

今回、トレーニングにレスリングを取り入れており、「組みの部分が強化されている。今回の試合で見せたい」と語った朝倉。ここで磨き上げたグラップリング技術を披露するか。

トーナメント1回戦の相手はFighting NEXUS初代バンタム級王者渡部修斗。渡部はレスリングと柔術がバックボーンのMMAファイターで、今年3月の「RIZIN.27」では田丸匠にリアネイキッドチョークで一本勝ち。グラップラーとの対戦と言えば、「寝技王子」こと佐々木憂流迦が思い出され、この時は打撃で“秒殺”した朝倉だが、会見では「組みでも寝技でも負けない」と自信を覗かせた。

RIZINバンタム級トーナメントの優勝候補と目される朝倉海。しかし、そこに油断はなく、「1戦1戦、しっかり勝つことを考えている。まずは目の前の相手を倒すことだけ」と1回戦から全力で挑む。

◆【6.13「RIZIN.28」東京ドーム大会】那須川天心「1対3マッチ」“ミスターX”予想が過熱、天心「この選手が来てくれるのか…」

◆【6.13「RIZIN.28」東京ドーム大会】全10試合の対戦カード一覧、「朝倉未来 vs. クレベル・コイケ」は第10試合

◆【6.13「RIZIN.28」東京ドーム大会】中継・放送・配信、PPV視聴方法、地上波・フジテレビは20時から生中継

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします