【格闘技】「RIZIN.28」クレベル・コイケ、会見で覗かせた静かな自信 朝倉未来戦は「絶対勝つ、怖くない」

クレベル・コイケ(C) RIZIN FF

13日に東京ドームで開催される「Yogibo presents RIZIN.28」出場予定の全選手が11日、公式オンラインインタビューに応じた。

イベント大トリとして朝倉未来と対戦するクレベル・コイケは、この日の会見でも最後に登場。笑顔を交えながらも、大一番へ向けての確かな自信を語っている。

◆【煽りVTR】「朝倉未来 vs. クレベル・コイケ」、斎藤よりクレベルが強い「ヤバイ奴は、匂いでわかる」

■「朝倉に勝って、斎藤さんと……」

18年ぶりとなる東京ドームでの総合格闘技イベントのメインマッチを務めるクレベル。抜擢については「最初はビックリした。ちょっと緊張したけど、今は(普段と)変わらない」とリラックスした表情を覗かせた。

朝倉については実力を評価しながらも「自分が勝つイメージ」を持っているとし、「朝倉に勝って、斎藤(裕)さんとタイトルマッチで試合がやりたい」と今後の展望についても言及した。

先立って行われた会見で朝倉は「きつい展開を想定している。最後に根性があるほうが勝つ」と“根性勝負”を予想しているが、この点でもクレベルは万全を強調している。

「自信はある、絶対勝つ。自分が朝倉に勝つことを信じているし、朝倉は怖くない。私は本物のファイターだよ」

好カードが揃った「RIZIN.28」の大トリらしい死闘が予想されるが、果たして最後に笑うのは朝倉か、それともクレベルか。

◆【6.13「RIZIN.28」東京ドーム大会】朝倉未来、KO率9割超の“過去最強”クレベルにも「僕はフィニッシュされたことがない」

◆【6.13「RIZIN.28」東京ドーム大会】全10試合の対戦カード一覧、「朝倉未来 vs. クレベル・コイケ」は第10試合

◆【6.13「RIZIN.28」東京ドーム大会】朝倉海、バンタム級トーナメント優勝の先に世界を見据える「世界チャンピオンが目標」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします