【格闘技】「RIZIN.28」シビサイ頌真、終始ペースを乱さず万全の一本勝ち スダリオ剛は悔しい初黒星

(C)RIZIN FF

総合格闘技イベントとして18年ぶりの東京ドーム開催となる「Yogibo presents RIZIN.28」は13日、第2試合「シビサイ頌真 vs. スダリオ剛」が行われ、3ラウンド1分38秒でシビサイが一本勝ちを収めた。

◆【6.13「RIZIN.28」東京ドーム大会/試合結果】全10試合・対戦カードの勝敗結果レポート、“激動の一日”を写真付きで完全プレーバック

(C)RIZIN FF

■スダリオはRIZIN初黒星

立ち上がりから牽制し合う両者。シビサイが足を取りにいく場面もあり、過去のRIZINで3戦3勝のスダリオとしてはなかなかペースを掴めない。決定打が出ないまま突入した2ラウンド目も、少しづつプレッシャーをかけるシビサイに対して、スダリオは有効打を繰り出せず試合は最終ラウンドへ。

迎えた3ラウンドでは、シビサイがテイクダウンを奪うと、そのままチョークを極める。粘るスダリオであったがこらえきれずタップアウト。重量級注目の一戦は、総合格闘技でのキャリアに勝るシビサイが持ち味を発揮したかたちとなった。

◆【6.13「RIZIN.28」東京ドーム大会/試合結果】朝倉未来「今後は一度考える、引退も含めて」、クレベル・コイケに屈辱の失神KO

◆【6.13「RIZIN.28」東京ドーム大会/試合結果】朝倉海「強くなって帰ってきた」、“鬼神”のごとく打撃ラッシュで1R3分22秒TKO圧勝

◆【6.13「RIZIN.28」東京ドーム大会/試合結果】那須川天心 vs. 3人マッチ ミスターXは所英男 “ボクシング”テクで2R・HIROYAからダウン奪う

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします