【バスケットボール】「日本代表は各々がしっかりとした柱」河瀨直美会長 × 渡嘉敷来夢選手対談

河瀨新会長(中央)の就任祝いに駆け付けた女優・土屋太鳳(右)、日本女子バスケットのエース・渡嘉敷来夢選手

バスケットボール女子リーグWリーグ)は21日、東京・六本木で新体制発表記者会見を行い、会見の後半には河瀨直美新会長の就任祝いとして、女優の土屋太鳳さんと日本女子バスケットボールのエース・渡嘉敷来夢選手が駆け付け、花束とエールを送った。

◆「命を輝かせる姿を!」 河瀨直美新会長がWリーグの魅力発信に意欲

■太鳳さんと渡嘉敷選手がボールハンドリングを披露

太鳳さんは中学時代に「10番のスモールフォワード」としてバスケットボールに打ち込んだ自身の経験を振り返りつつ、Wリーグの今後の発展に期待を寄せた。今春、日本女子体育大学を卒業した太鳳さんは、新会長の前で秀逸なボールハンドリングの腕前を披露。渡嘉敷選手も思わず「チームメイトよりも上手い」と驚きの表情を見せた。

ボールハンドリングで会長就任を祝う、土屋太鳳さんと渡嘉敷来夢選手

太鳳さんの降壇後、新会長と渡嘉敷選手によるトークセッションが行われ、河瀨会長は渡嘉敷選手を「らむちゃん」と呼んでいることを明かし、終始和やかなムードで対談は進んだ。

■河瀨直美会長 × 渡嘉敷来夢選手のトークセッション

河瀨会長:
Wリーグに対して常々思っていることを聞かせてほしいな。

渡嘉敷選手:
私自身13年目になるんですけど、女子バスケットボール界の盛り上がりを見ると、少しずつ盛り上がってはいるんですけど……もっともっと男子だけじゃなく、女子のバスケットが盛り上がればいいなとはいつも思っています。自分たちの意見を伝えられる場があるというのはすごく大事だと思います。

河瀨会長:
今の現役時代や、セカンドキャリアでやりたいことは……

渡嘉敷選手:
日本バスケット界をもっともっと盛り上げていきたいと思っています。現役中も、試合を見せるだけでなく子供や応援してくださる皆さんと触れ合って恩返しできる機会がほしいなと思っています。コロナ禍で接触が難しければ、質疑応答をするとか。子供に夢を与えられるようなこともしたいし、バスケットボールを見たことのない人も一緒に試合を楽しんで、また違う人も誘って……という風に広がっていくものだと思うので、そういう活動に貢献していきたい。

河瀨会長:
遠めでもリアルに動いているアスリートを見るだけでものすごく興奮するし、「あの人みたいになりたい」と思う、「バスケットをやっているけど、どこに辿り付くのか分からない」と思っている全国の少女たちに伝えたいよね。

渡嘉敷選手:
そうですね。バスケ女子(Wリーグ)は男子(Bリーグ)と違って試合で(全チームが)全国を転々と出来るところが武器だと思っています。
各地でどれだけ人を集めて、観客の心を掴めるかが大事になってくると思うので、バスケの試合だけでなく、やはり触れ合う機会をつくりたいですね。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします