【七夕賞/データ攻略】波乱の刺客は「馬券内率100%データ」を誇るアノ5歳馬

前編ではクレッシェンドラヴトーラスジェミニの明暗を分けるであろうデータについて取り上げたが、後編ではデータ面から浮上する穴馬候補2頭を紹介する。

◆【前編】昨年の覇者クレッシェンドラヴに降りかかる、馬券内率「0%」データとは

■データが導く2021七夕賞の穴馬候補は

過去には256万馬券も飛び出した七夕賞。ここでは高配当の使者となりうる穴馬候補2頭をデータ面から取り上げたい。

<穴候補1 ヴァンケドミンゴ>

昨年のこのレース3着馬。凡走が続く年明けの内容を見るより人気落ちが濃厚な1頭だが、ここは「人」の部分でリカバリーを図る。

・酒井学騎乗時の成績【1-1-2-0】

好走には良績がなかった京都芝のカシオペアS3着も含まれており、当時の勝ち馬ランブリングアレー、2着馬ボッケリーニはのちの重賞勝ち馬。相性の良さは本物だ。福島芝【4-1-1-0】という生粋の福島巧者でもあり、巻き返すための準備は整った。

<穴候補2 クラージュゲリエ>

人気の一角に支持された近2走はいずれも掲示板外。ここにきて精彩を欠く近走成績だが、そんな同馬にもデータ面での後押しは存在する。

・右回りの芝2000m成績【1-1-0-1】

その内訳は京都2歳S勝利、アンドロメダS2着、皐月賞5着。特に皐月賞はサートゥルナーリア、ヴェロックス、ダノンキングリーとのちのGIでも好走をはたした強豪相手のものだから高く評価できる。休み明けをひと叩きされ、今回はブリンカー着用。陣営はまだこの馬をあきらめてはいない。

◆【七夕賞2021予想/追い切りジャッジ】前走大敗馬に「A」評価、ガス抜きで「想定通りの仕上げ」

◆【七夕賞2021予想/追い切りジャッジ】上位人気想定の実力馬に「B」評価、ブリンカーの効果も「迫力が戻っていない」

◆【七夕賞2021/枠順】上位人気予想のクレッシェンドラヴ、クラージュゲリエの枠は過去10年未だ未勝利

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「七夕賞」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします