【甲子園】星稜が開幕戦を引き当てる!始球式のOB松井秀喜との共演にSNS上でも驚きの声

(c)Getty Images

第100回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が8月2日に行われた。

今回は記念大会ということで従来の北海道、東京のほかに埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡からも2校が出場し総勢56校で全国の頂点を争う。

16時から大阪市内で開かれた抽選会では、史上初となる2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭(北大阪)が初戦で一昨年の覇者・作新学院(栃木)と対戦することが決まり、実力校同士の顔合わせには「大阪桐蔭vs作新学院とか激アツすぎでしょ」「絶対面白い試合になりそー!! 楽しみ」「作新対桐蔭は熱い」と高校野球ファンも興奮気味だ。

開幕戦の始球式は星稜OBの松井秀喜

100回記念大会の今回は、夏の甲子園で活躍した元高校球児による「レジェンド始球式」が予定されており、5日の開幕日には星稜(石川)出身で巨人やニューヨーク・ヤンキースでプレーした松井秀喜さんがマウンドに上がる。

そして松井さんと共演できる開幕戦を引き当てたのが、松井さんの母校・星稜と藤蔭(大分)だった。

これ以上ない試合を引き当てたことに、SNS上では驚きの声が挙がっている。

  • 「星稜、OB松井が始球式する開幕試合引き当てるとは!! 100回記念大会に相応しい巡り合わせ過ぎる!!」
  • 「松井が始球式行う開幕試合を引き当てる星稜の主将凄すぎ」
  • 「松井が始球式を行う第1試合の初戦を星稜が引き当てるとかヤバすぎ」
  • 「星稜高校が初日第1試合とは!先輩である松井秀喜さんが開幕始球式……運命だ」

まずはクジ運で全国の高校野球ファンを驚かせた主将・竹谷理央選手だが、石川県大会決勝では4本塁打の固め打ちで大会記録を更新し、チームを22-0の大勝に導いた打棒の持ち主でもある。

甲子園でも勝利につながる主将の一発が飛び出すか。

≪関連記事≫

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?

報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

花咲徳栄・野村佑希、今年は”二刀流”スラッガーに…プロ野球ファンも獲得を望む逸材

大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします