済美高校の校歌に感動の声…甲子園は各校の校歌にも注目

8月5日から開幕した第100回全国高校野球選手権大会。

全国から集まった56校が優勝旗を目指して競うが、試合の内容や結果と同じくらい注目されるものがある。それは、各校の校歌だ。

普段なかなか聞くことができない他地域の校歌が聴ける機会でもあり、健大高崎や至学館などの横文字を取り入れた校歌が話題を呼んだ学校もある。

済美の校歌が良曲と話題に

今大会1日目となった8月5日。済美(愛媛) 対 中央学院(西千葉)の試合で勝利した済美の校歌が良曲だと話題になった。

済美の校歌『光になろう』は「陽光(ひかり)の中に まぶしい笑顔 今 済美(ここ)にいるから出会えたね」の歌い出しから始まり、仲間と協力し全力で青春を生きる尊さが歌い上げられている。

その歌詞には高校野球ファンからも感動の声が寄せられた。

もともと甲子園では春夏とも勝利した学校の校歌が流されてきたが、1999年の第71回センバツ大会からは学校紹介も兼ねて、初戦で両校の校歌を流すようになった。

お馴染みの校歌を一緒に歌うのはもちろん、初出場校の校歌に耳を傾けてみると意外な発見があるかもしれない。

済美高校の校歌はこちらから http://www.saibi.ac.jp/070gakuen/index_gakuenka.html

≪関連記事≫

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?

【甲子園】済美が史上初の逆転サヨナラ満塁ホームラン!劇的な展開で校歌の「やればできるは魔法の合いことば」に再び注目

済美出身の楽天・安樂智大、母校の大逆転勝利に感動「#やればできるは魔法の合言葉」

【甲子園】浦和学院・渡邉勇太朗、大谷翔平そっくりの投球フォームに「めっちゃ似てる」

【甲子園】高知商と山梨学院が壮絶な乱打戦…「えげつなくなった理由を簡潔に述べる選手権を開催してください」の声も

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします