【東京五輪/ボクシング】日本代表6名の強みとは 岡澤セオンはメダル獲得で一気にブレイクの予感も

東京五輪でも期待される岡澤セオン (C) Getty Images

東京五輪のボクシングは、開会式翌日の24日から閉会式当日の8月8日まで、両国国技館で開催される。今大会は男子8階級、女子5階級となり、日本人選手は男子4名、女子2名がリングに上がる。

【実際の映像】高次元のスパーリング!岡澤セオンvs.森脇唯人による「東京オリンピック代表対決」の一部始終

■史上6人目のメダリスト誕生なるか

各階級、基本的には32選手によるトーナメント方式で、決勝まで進むと5試合を戦うことになる。男女とも1ラウンド3分の3ラウンド制を採用。5人のジャッジが必ずどちらかに振り分けるラウンドマストシステムによる判定を行う。

採点面でプロと異なるのは、ナックルパートがトランクス上部の「ベルトライン」よりも上にヒットしているかで評価されること。KOでの決着もあり得るが、的確に有効打を繰り出しポイントを積み重ねていくことも重要となるルールだ。

6人全員が金メダルを目標に掲げる日本だが、過去の五輪を振り返ると、表彰台へのハードルは高い。これまでメダルを首にかけたのは、田辺清(1960年ローマ・フライ級・銅)、桜井孝雄(1964年東京・バンタム級・金)、森岡栄治(1968年メキシコ・バンタム級・銅)、村田諒太(2012年ロンドン・ミドル級・金)、清水聡(同・バンタム級・銅)の5名だけ。

田辺、桜井両氏は、1960年代を彩った名ボクサー。WBAスーパーチャンピオンに君臨する村田、WBOアジアパシフィックファザー級現王者の清水、両選手の活躍は誰もが知るところだ。清水選手は北京五輪にもファザー級で出場していた。

つまり、オリンピックでメダルを獲得するには、突出したアマチュアでの力量が必要といえる。リオデジャネイロ五輪には2人の日本選手が出場し、森坂嵐(バンタム級)が1回戦、成松大介(ライト級)が2回戦で敗退している。果たして、地元開催のオリンピックでメダル獲得はなるのか。

■アマチュアのプロ、世界3回級チャンプの兄

大きな期待を集めているのが、ウェルター級の岡澤セオン。ガーナ人の父と日本人の母を持つ、身体能力にすぐれた逸材だ。

中央大学卒業後、都内の企業に就職が内定していたが鹿児島県体育協会に身を置いてボクシングを続け、その異色の経歴も注目を集めた(現在はINSPAに所属)。

アマチュアボクシングにこだわり、「アマチュアのプロ」を公言しているのも面白い。柔らかいステップとサウスポーから変則的に繰り出すパンチが武器で、明るい性格から大舞台でも緊張せずに力が出せそうだ。メダル獲得となれば一気にブレイクするかもしれない。

異色の経歴といえば、フライ級の田中亮明選手も負けていない。無敗で世界3階級制覇を果たし、昨年大晦日に井岡一翔選手と死闘を演じた田中恒成選手の兄だ。五輪代表決定を機に練習を共にするようになったというが、前世界チャンプのアドバイスでメダルを掴むか、注目したい。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします