【甲子園】常葉大菊川・奈良間大己の「予選打率8割」が全国の高校野球ファンに発見される…“恐怖の1番打者”に騒然

全国高校野球選手権大会3日目が8月7日に行われ、第4試合では静岡の常葉大菊川が島根の益田東に8-7で競り勝った。

常葉大菊川は5点差を一時逆転されるも八回に再逆転して2回戦に駒を進めた。

常葉大菊川“恐怖の1番打者”…奈良間大己が驚きの一発

常葉大菊川は1点を失った直後の三回裏に反撃する。2アウト一塁から4番・根来龍真選手が同点のタイムリー二塁打を放つと、打線が繋がった常葉大菊川は4連打で4点を奪い逆転に成功した。

さらに四回にはランナーを二塁に置いて地方大会で打率.818を残した奈良間大己選手が、広い甲子園のセンターバックスクリーンに放り込む2ラン本塁打でリードを広げる。

見逃せばボールかという低い球を鋭いスイングで下からすくい上げた打球は、澄んだ金属音を残して失速することなくフェンスを越えていく。

常葉大菊川“恐怖の1番打者”が見せた特大弾に高校野球ファンも大興奮。予選の打率8割超えという成績にも大きな注目が集まっていた。

野球はミスをするスポーツだ。人間がやる以上は完璧などありえない。そのため打率は3割あれば一流選手と呼ばれる。

地方予選は学校ごとのレベルに差があるため打率は高く出る傾向にあるが、それでも8割超えは驚異的な数字だ。

ノーサイン野球に全員が強気な気持ち

奈良間選手の2ランもあり大きなリードを奪った常葉大菊川だが、益田東も中盤のイニングで連続得点し6-7で逆転する。

追い込まれた常葉大菊川だが八回に神谷亮良選手が同点のタイムリー二塁打。さらに奈良間選手の打席で神谷選手が三盗を仕掛ける。捕手の投げたボールが悪送球になり三塁ファウルゾーンを転がってる間に神谷選手は勝ち越しのホームを踏んだ。

常葉大菊川の高橋利和監督は攻撃時にサインを出さないノーサイン野球を一貫してきた。選手が自分たちで考え行動に起こすほうが良いという考えからだが、この場面でも監督は選手たちの判断に任せた。

主将でもある奈良間選手は試合後のインタビューでノーサイン野球への感想を笑顔で語っている。

決勝点の場面は神谷選手から「走るよ」のサインがあったものの、監督からはこれまで通りノーサインだったと話す奈良間選手は、ほかのチームが監督からのサインを受けて戦っているのに不安はないかとの質問に、「最初は不安だったんですけど、ここまできたらノーサインでやってやろうという強気な気持ちで全員やっているのでノーサインでできています」と力強く答えた。

選手が自分たちで考え実行する野球を貫いてきた常葉大菊川。5年ぶりの夏1勝で2回戦以降にも期待を持たせる。

≪関連記事≫

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?

【甲子園】丸亀城西・大前輝明の笑顔が爽やかすぎると話題に…「これぞ高校野球」という声も

【甲子園】2本塁打の近江・北村恵吾にSNS上で絶賛の嵐「弾道が天性のアーチスト」

【甲子園】智弁和歌山は「土」を持ち帰らず…「戻ってくるという強い気持ちを感じた」という声も

【甲子園】近江と智弁和歌山の“魔曲”対決…ファイヤーボールとジョックロックが試合を盛り上げる


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします