【東京五輪/競泳女子】大橋悠衣、400メートル個人メドレーで金メダル 猛追振り切り「自分を信じて泳いだ」

400メートル個人メドレーで金メダルの橋悠衣(C)ロイター

東京五輪は25日、競泳女子400メートル個人メドレー決勝を行い、大橋悠依が4分32秒08で金メダルを獲得した。

◆【実際の動画】大橋悠衣、ウェイアントの猛追を懸命に振り切り、歓喜の金メダル

■「金メダルを取れるなんて…」

(C)ロイター

大橋は試合直後、「自分を信じて泳いだ。金メダルを取れるなんて本当に思っていないなかった」と語った。「ここに来るまでいろんなことがあった。ここにチャレンジさせてもらえて感謝している」と述べた。

大橋は2泳法目の背泳ぎで先頭に立つと、次の平泳ぎで2位を体ひとつ引き離した。最後の自由形でエマ・ウェイアント(米国)に追い込まれたが、逃げ切った。

銀メダルはウェイアント、銅メダルはハリ・フリッキンガー(米国)だった。

◆【実際の動画】大橋悠衣、ウェイアントの猛追を懸命に振り切り、歓喜の金メダル

◆白血病乗り越え大舞台の池江璃花子、リレー第2泳者で力泳も予選突破は逃す

◆瀬戸大也、大失速9位でまさかの予選落ち「ちょっと自分でも信じられない」

文・SPREAD編集部=ロイター


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします