【東京五輪/柔道】男子66キロ級・阿部一二三、妹・詩との史上初同日金メダル 「1本を取りに行く柔道が出せた」

男子柔道66キロ級で金メダルの阿部一二三(C)ロイター

男子柔道66キロ級の阿部一二三(ひふみ)は25日、東京五輪の決勝でバジャ・マルグベラシビリ(ジョージア)を技あり(大外刈り)で下し、金メダルを獲得した。妹の阿部詩も女子52キロ級で優勝しており、きょうだいそろって金メダリストとなった。

◆妹・阿部詩、女子52キロ級で日本人初の金メダル 「お兄ちゃんが今からなので気を抜けない」

■妹が金「プレッシャーはなかった」

(C)ロイター

阿部は試合後、「落ち着いて自分の柔道ができた。1本を取りに行く柔道が出せた」とコメント。2019年の世界選手権東京大会は妹が優勝する中で自身は3位に終わっており、この日も先に妹が金メダルを取ったが、阿部は「プレッシャーはなかった」と語った。

阿部は1997年生まれの兵庫県神戸市出身。2012年にアジア・ジュニアユース選手権大会で優勝、17年、18年に世界選手権を制した。背負い投げを得意としている。

日本の男子柔道の金メダルは、60キロ級の高藤直寿に続いて2つ目。女子は阿部詩が金、48キロ級で渡名喜風南(となき・ふうな)が銀を獲得している。

◆「自分の弱さが最後に…」渡名喜風南が銀 日本勢初のメダリストに

◆渡名喜風南、日本勢初メダルの陰に絶対女王ダリア・ビロディドの涙

◆高藤直寿が日本勢初の金「豪快に勝つことができなかったが、これが僕の柔道」

文・SPREAD編集部=ロイター


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします