【東京五輪/サッカー】日本代表の歴史において誇るべき一勝 メキシコを凌駕したハイパフォーマンス

メキシコ戦で活躍した堂安律(C)Getty Images

U-24日本代表は25日、1次リーグA組第2戦でメキシコと激突し、2-1で勝利した。2連勝となった日本は勝ち点を6に伸ばし、A組首位に立った。MF久保建英(レアル・マドリード)とMF堂安律(PSVアイントホーフェン)のダブルエースがゴールを決めるなど完勝。

日本は28日に行われるフランス戦で引き分け以上なら自力での準々決勝進出が決まる。

◆【実際の動画】20歳・久保建英が決めた、鉄壁の南アをこじ開けた日本五輪史上最年少ゴール

■開始わずか11分で2ゴールを奪う

日本は4-4-2の布陣。GKは谷晃生が務め、最終ラインは右から酒井宏樹吉田麻也板倉滉中山雄太と並び、中盤は田中碧遠藤航がダブルボランチを形成、左サイドに相馬勇紀、右に堂安律、トップ下に久保建英、1トップに林大地が入った。

初戦の南アフリカ戦からの変更は、左サイドが三好康児から相馬に代わったのみとなった。一方、メキシコはロモをアンカーに置く4-3-3というフォーメーションでスタートした。

試合は序盤から日本が圧倒。実力的にA組最上位と目されたメキシコに何もさせなかった。前半6分、右サイドで酒井の縦パスを受けた堂安がドリブルで相手DFを振り切ると、ゴール中央へマイナスのクロスを供給。そこに走り込んで来た久保が態勢を崩しながらも左足アウトで合わせ、先制ゴールを奪った。

■鋭い出足、連動したプレスでボール奪取

日本の2点目は先制点から5分後。ペナルティーエリア内で相馬が倒されると、VAR判定を経てPKに。これを堂安がど真ん中に蹴り込み、開始からわずか11分で2点を先制した。

初戦のフランスを4-1で退け、意気揚々と埼玉スタジアムに乗り込んで来たメキシコだったが、ボールを持っても日本が仕掛ける前線からのプレスに苦しみ、ボールロストを避けるだけで精一杯、効果的なパスを繰り出す余裕などまったくなかった。

日本はファーストディフェンダーが交わされても、セカンドディフェンダーが瞬時に相手に襲い掛かるなど連動した守備でメキシコに自由を与えなかった。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします