【東京五輪/柔道】柔道女子78キロ級で浜田尚里が金メダル獲得

金メダルを獲得した浜田尚里(C)ロイター

東京五輪は29日、柔道女子78キロ級決勝を行い、浜田尚里マドレーヌ・マロンガ(フランス)を抑え込み(崩れ上四方固め)1本勝ちで下し、金メダルを獲得した。

◆【ハイライト動画】浜田尚里が金メダル獲得

■浜田「寝技を狙っていた」

浜田は試合後、「いつも負けていた相手だったので、同じやり方をしないようにという対策をしてきた。寝技を狙っていた」と語った。

浜田は鹿児島県霧島市出身の30歳。10歳のときに柔道を始め、寝技を得意とする。今大会、初戦から決勝戦まですべて寝技で勝利した。

高校卒業後は強豪の山梨学院大学へ進学。ロシアの格闘技「サンボ」にも取り組み、自衛隊体育学校進学後の2013年にはサンボのユニバーシアード大会で80キロ級を制した。

サンボの特徴である寝技、関節技で自身の柔道に磨きをかけた浜田は、18年に世界選手権で金メダルを獲得。20年のグランドスラムを制して東京五輪代表に内定した。

◆【東京五輪/柔道】女子柔道70キロ級、新井千鶴が金メダルを獲得「1本を取る気持ちでいった」

◆【東京五輪/柔道】9分を超える死闘を大野将平が制し、五輪2連覇「心動く瞬間あれば光栄」

◆【東京五輪/柔道】男子66キロ級・阿部一二三、妹・詩との史上初同日金メダル 「1本を取りに行く柔道が出せた」

文・SPREAD編集部=ロイター


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします