【東京五輪/卓球】伊藤美誠が銅、日本の卓球女子シングルスで初のメダルも「正直悔しい気持ちのほうが大きい」

伊藤美誠(C)ロイター

東京五輪は29日、卓球女子シングルス3位決定戦が行われ、伊藤美誠ユ・モンユ(シンガポール)を下し、銅メダルを獲得した。ゲームカウントは4-1だった。日本の女子シングルスで初のメダルとなった。

◆【動画】伊藤美誠、銅メダル獲得も試合後のインタビューで「完全に悔し涙です」

■「正直悔しい気持ちのほうが大きい」

伊藤にとっては、混合ダブルスで獲得した金に続く今大会2つ目のメダル。しかし試合後、「勝てたことはうれしいが、正直悔しい気持ちのほうが大きい」と語った。決勝に進めなかったこと、3位決定戦までに状態を立て直しきれなかったことが悔しさの要因だと、泣きながら話した。

伊藤は第1ゲームを6-11で落とした後、残りの4ゲームを11-8、11-7、11-7、11-6で取った。

1988年のソウル五輪から正式種目となった卓球女子シングルスは、過去8大会の金メダリストはすべて中国代表。伊藤は26日に行われた混合ダブルスに続く2冠を目指したが、準決勝で世界ランク3位の孫穎莎(中国)にストレート負けを喫した。

伊藤は女子団体にも出場する予定。

20歳の伊藤は世界ランク2位。26日に行われた混合ダブルスで、水谷隼とともに日本勢初となる金メダルを獲得した。静岡県磐田市出身。16年のリオデジャネイロ五輪では、女子団体で銅メダルを獲得した。

◆石川佳純「くやしいです…満足できる結果じゃない」準々決勝敗退 シングルス メダル獲得の悲願ならず【五輪卓球】

◆【東京五輪/卓球】絶対王者・中国の牙城を崩せるか 水谷・伊藤の混合ダブルスも要注目

◆【東京五輪/卓球】水谷・伊藤ペア、卓球で日本初の金「中国に今までのすべてのリベンジができた」

文・SPREAD編集部=ロイター


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします