【東京五輪/野球】奇抜デザインで存在感抜群のリリーフカーに海外から熱視線「史上最高」

(C)Getty Images

東京五輪で3大会ぶりに正式種目となった野球は28日に開幕し、連日熱戦が繰り広げられている。

2019年のプレミア12に続く“世界一”を目指す侍ジャパンへの注目度も高まっているが、海外メディアでは五輪仕様のリリーフカーも話題に。その奇抜なデザインに「史上最高かもしれない」と熱視線をおくっている。

【実際の画像】五輪仕様でコロナ対策もバッチリ? 海外から熱視線が送られている東京五輪仕様の特別リリーフカー

■「このグローブ型の王座がとにかく素晴らしい」

今五輪で“活躍”中のリリーフカーは、最高位スポンサーであるトヨタが提供しているもの。ソーシャルディスタンスを意識しドライバーと投手間の距離がとられ、座面はグローブを模したデザインなど、一見するだけでインパクト抜群の特別仕様だ。

真剣な眼差しの各国リリーフ投手がこのカートでグラウンドへ向かうシーンもお馴染みの光景となりつつあるが、米メディア「For The Win」は「素晴らしい五輪リリーフカーにおける4つの注目点」と題した特集を掲載し、独自の視点から解説している。

記事は「この東京五輪のリリーフカーは史上最高かもしれない。見てください!愛さずにはいられない理由がたくさんあります」と興奮気味な書き出し。グローブ型のシートやソーシャルディスタンスへの配慮だけではなく、前面に設置されたディスプレイやグラウンドの芝をイメージした床部分に至るまで、仕様の細部を解説している。

SNS上でも海外メディアの記者や野球ファンがこのリリーフカーに着目。「(MLBの)トレード期限内にこのリリーフカーを獲得できますか?」「もうこれに夢中になっている」「このグローブ型の王座がとにかく素晴らしい」など様々な反応が寄せられている。

【実際の画像】五輪仕様でコロナ対策もバッチリ? 海外から熱視線が送られている東京五輪仕様の特別リリーフカー

◆「ジョーンズに頼んで勧誘を」「印象的だ」山本由伸、ドミニカ戦好投で海外からも反響続々

◆OPラウンド突破のキーマンは村上宗隆 データから見るデーゲームでの相性の良さ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします