【MLB】大谷翔平、決勝タイムリーでア軍に完封返し 「あの場面で誰を打席に送りたいか、オオタニだ」

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は7月31日(日本時間1日)、本拠地でのオークランド・アスレチックス戦に「2番DH」でスタメン出場。3回1死一、二塁の場面で、両軍唯一の得点となるタイムリーツーベースを放ち、4打数1安打1打点とした。

◆【動画】大谷翔平、二塁ベースでアスレチックの遊撃手と一触即発……と思いきや笑顔でじゃれあう 「ショウヘイはみんなと友達」

■大谷が3年ぶりの1-0勝利の決勝点

2試合連続でアスレチックスに完封負けを喫していたエンゼルスが、今日は“完封返し”を見せた。エンゼルスは先発のハイメ・バリアが7回途中まで被安打4の無失点に抑え、その後もスティーブ・シーシェクホゼ・キハダライセル・イグレシアスの継投でアスレチックス打線を抑え込み、完封勝利を収めた。

米メディアによると1-0でエンゼルスが勝利したのは2018年9月以来、実に3年ぶりという。

その決勝点となったのが大谷の先制タイムリーで、打球速度110.6マイル(約178キロ)の痛烈な弾丸ライナーには、解説者も「ロケットのような打球だった」と表現。また、「あの場面で誰を打席に送りたいか。もちろん彼(オオタニ)だ」と、均衡を破る大谷の一打を称賛した。

■トップと1打点差で打撃2冠に王手

3試合ぶりの打点をマークし、今季82打点とした大谷。両リーグトップの37本塁打に加え、打点でもトップのブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)に1点差と迫り、打撃2冠も射程に入っている。

当初、1日(同2日)のアスレチックス戦で先発予定だった大谷だが、28日(同29日)のコロラド・ロッキーズ戦の試合中にファウルボールが右手親指に直撃し、次回の登板は白紙に。投打二刀流はお預けとなったが、引き続き、打者・大谷が楽しませてくれそうだ。

◆【動画】エ軍3年ぶり1-0の決勝点は大谷翔平 あっという間に右中間へ到達する打球速度178キロの“ロケット”タイムリー

◆「ショウヘイに迫る選手いない」大谷翔平、“打撃2冠”射程で「MVPレース」も独走へ

◆大谷翔平、夢の60発達成へのカギは「トラウタニ」再結成 待たれる現役最強打者の復帰

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします