【東京五輪/ボクシング】女子フェザー級の入江聖奈が金 大学で引退「ゲーム会社に就職したい」

勝利のアナウンスを受け喜ぶ入江聖奈(C)ロイター

女子ボクシングフェザー級入江聖奈は3日、東京五輪の決勝でネストイ・ペテシオ(フィリピン)を5-0の判定で下し、金メダルを獲得した。2012年に女子ボクシングが五輪競技に採用されて以降、日本勢として初めての出場で優勝した。

試合はジャッジ5人全員が入江に軍配を上げた。

勝者、ブルー」と英語でアナウンスされると、入江はリング上で飛び上がって喜び、泣いた。対戦相手のペテシオは拍手で入江の勝利を祝福した。19年の世界選手権ではペテシオが同階級を制覇、入江は5位だった。

◆【実際の映像】「イリエワニ」が史上初の快挙達成 日本女子初の金メダルを獲得した入江の決勝戦の一部始終

■「大学いっぱいでボクシングを辞めるつもり」

(C)ロイター

笑顔で表彰式を終えた入江はその直後、「何も覚えていなくて、気がづいたら着替えていた。何回もほっぺをつねったが、夢みたいで、今も夢の中な気がする」とコメント。「ちょっと実際に(世界一に)なってみると実感が湧かない。何回も金メダルを見たい。13年間を出せるように頑張った」と語った。

リング上で笑顔だった銀メダルのペテシオは表彰式で一転、感極まって泣いた。銅メダルはカリス・アーティングストール(英国)とイルマ・テスタ(イタリア)が取った。

入江は鳥取県米子市出身で、日体大の3年生。小学校時代に読んだ1970年代の漫画『がんばれ元気』でボクシングに興味を持ち、地元のジムに通った。中学生以下のジュニア大会を4連覇、2020年の東京五輪出場を目指すようになった。高校時代はインターハイを2連覇した。

所属ジムの会長からは、名字にちなみ、インド南部からオーストラリア北部に生息する「イリエワニ」と呼ばれている。

入江は他のメダリストとそろって会見し、次の世界選手権で金メダルを取ることが次の目標とする一方、「自分の中で有終の美で終わりたいというのが強くあり、やはり大学いっぱいでボクシングを辞めるつもり」と語った。「ゲームが好きなので、ゲーム会社で就活(就職活動)したい」と話した。

◆【実際の映像】「イリエワニ」が史上初の快挙達成 日本女子初の金メダルを獲得した入江の決勝戦の一部始終

◆【東京五輪/ボクシング】入江聖奈、金メダルへ王手「歴史の扉を開くため」決勝はライバルとの熱戦

◆【東京五輪】東京2020オリンピック 国別メダル獲得ランキング

文・SPREAD編集部=ロイター


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします