【高校野球】優勝候補の大阪桐蔭と東海大菅生が初戦で激突 明桜157キロ右腕・風間にも注目

3日、第103回全国高等学校野球選手権大会(8月9日~甲子園球場)の組み合わせ抽選会が、オンライン形式で行われた。

開幕カードは日大山形(山形)vs米子東(鳥取)に決定。また、選手宣誓は小松大谷(石川)の主将・木下仁緒(3年)が選ばれ、「ビックリしました。全国の選手の代表としてしっかりやりたい。勇気や感動を与えるような宣誓をしたいです」と抱負を語った。

◆ノースアジア大明桜・風間 世代No.1だ!高知・森木、市和歌山・小園に「差つける」

■大阪桐蔭vs東海大菅生の好カードが実現

初戦から好カードが実現した。大会5日目第1試合に、大阪桐蔭(大阪)と東海大菅生(西東京)が激突。ともに優勝候補に挙げられる両チームが、いきなり初戦から火花を散らせる。

戦国大阪を勝ち抜いた大阪桐蔭は、最速150キロ左腕・松浦慶斗(3年)を中心に、竹中勇登(3年)ら投手陣は多彩。決勝戦でサヨナラ打を放った主将の池田陵真(3年)や、花田旭(3年)らが並ぶ強力打線も脅威だ。また、最速154キロ右腕・関戸康介(3年)は大阪大会で登板なしに終わったが、甲子園での登板があるのかどうかも注目だ。

大阪大会では、準決勝の関大北陽戦で延長14回までもつれ込むなど苦戦が続いたが、そこを勝ち上がれるのが地力の高さの表れ。今年のセンバツでは初戦敗退の屈辱を味わい、その悔しさを夏の舞台で晴らしたいところだ。

一方の東海大菅生も、今年のセンバツに出場しベスト8に進出するも、準々決勝でプロ注目の本格派右腕・畔柳(くろやなぎ)を擁する中京大中京に0-6で完敗。その悔しさを胸に、夏のリベンジに臨む。

センバツは不本意な投球に終わったエース左腕・本田峻也(3年)が復調し、鈴木泰成(2年)とともに二枚看板を形成。打線は千田光一郎(3年)が主軸を務める2年生を引っ張り、マウンドにも上がる“二刀流”。東京ナンバーワンと言われた実力校が、大阪桐蔭とどのような勝負を演じるか期待が高まる。

両チームの過去の対戦は、15年センバツの1回戦で一度あり、その時は大阪桐蔭が8-0で完勝。東京勢vs大阪勢の夏の対戦成績は、東京8勝、大阪7勝とほぼ互角で、今年の両校の対戦も激戦が予想されそうだ。

■今大会No.1右腕・風間擁する明桜は帯広農と対戦

今大会のナンバーワン投手と評されているのが、明桜(秋田)の風間球打(きゅうた)(3年)。今秋ドラフト1位候補で、183センチの長身から繰り出される角度のあるストレートと、カーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークと、4種類の変化球を駆使する本格化右腕だ。

夏の秋田大会は3試合に登板し、26イニングを投げ、被安打12、奪三振32、奪三振率11.08、四死球11、失点3で防御率は0.69。準々決勝の秋田戦で、自己最速の157キロをマークし、決勝戦では3安打完封と、秋田南を全く寄せ付けなかった。

明桜は大会第3日の第1試合で帯広農(北北海道)との対戦が決定。帯広農は北北海道大会、全6試合で2ケタ安打を記録し、決勝では22安打19得点を叩き出した猛打が武器のチーム。好投手風間に対し、帯広農打線がどう攻略するかがポイントとなりそうだ。

■センバツ準V明豊は専大松戸と対戦

大会4日目第2試合に組まれた明豊(大分)vs専大松戸(千葉)も好カードの一つ。今年のセンバツ、決勝で東海大相模にサヨナラ負けを喫し、惜しくも準優勝に終わった明豊は、春は身長189センチの細身の右腕・京本眞(3年)と、太田龍(巨人)を兄に持つ左腕・太田虎次朗(3年)が投手陣の中心だったが、大分大会は京本が一本立ちし、決勝の大分舞鶴戦では3安打完封とエースとして成長。打線も4番の米田友(3年)を中心に迫力十分で、春の忘れ物を取り戻したい。

一方の専大松戸は、センバツは初戦敗退。プロ注目のサイドハンド右腕・深沢鳳介(3年)と、岡本陸(3年)の二枚看板が投手陣を引っ張り、主軸の吉岡道泰(3年)が打線を引っ張るバランスのいいチーム。甲子園では春夏ともにまだ未勝利で、まずは強豪を相手に初勝利を果たし波に乗りたいところだ。

■史上初の愛知対宮城が実現

全国最多、179校の激戦区・愛知を制したのが愛工大名電。準々決勝で東邦を、準決勝で中京大中京を、決勝では春の東海大会で準優勝の享栄を撃破と、大会史上初めて、愛知の“私学4強”のライバル3校を破って頂点に立った実力は本物だ。寺嶋大希(3年)を中心に投手陣は安定し、“二刀流”田村俊介(3年)の投打にわたる活躍にも注目。夏は通算5勝12敗と愛称は良くないが、そろそろ汚名を返上したい。

愛工大名電は大会2日目の第4試合に、東北学院(宮城)との初戦が決定。春夏初出場の東北学院はエースで4番の伊東大夢(3年)が中心。また、甲子園での愛知県勢と宮城県勢の対決は、春夏合わせて初めて実現する顔合わせで、その点も注目を集めそうだ。

■センバツ開幕カードが夏で再現

そのほか、大会3日目第3試合には、今年のセンバツ開幕戦で対戦した神戸国際大付(兵庫)vs北海(南北海道)の再戦が決定。センバツでは神戸国際大付が延長10回の末、3-2でサヨナラ勝ちを果たしているが、プロ注目の最速150キロ左腕・木村大成(3年)擁する北海がリベンジを果たすか、それとも、兵庫大会7試合で7発の長打力を誇る神戸国際大付の返り討ちとなるか、注目だ。

また、2日目第2試合の広島新庄(広島)vs横浜(神奈川)も好カードの一つ。さらに、3日目第2試合では、鍛治舎巧監督が率いる県岐阜商(岐阜)と馬淵史郎監督が率いる明徳義塾(高知)という、名将の初対決も実現。それぞれどんな戦いが繰り広げられるのか、2年ぶりの熱闘甲子園を楽しみにしたい。

第1日 8月9日(月)

日大山形(山形)vs米子東(鳥取)
新田(愛媛)vs静岡(静岡)
東明館(佐賀)vs日本航空(山梨)

第2日 8月10日(火)

智弁学園(奈良)vs倉敷商(岡山)
広島新庄(広島)vs横浜(神奈川)
高岡商(富山)vs松商学園(長野)
東北学院(宮城)vs愛工大名電(愛知)

第3日 8月11日(水)

明桜(秋田)vs帯広農(北北海道)
県岐阜商(岐阜)vs明徳義塾(高知)
神戸国際大付(兵庫)vs北海(南北海道)
小松大谷(石川)vs高川学園(山口)

第4日 8月12日(木)

長崎商(長崎)vs熊本工(熊本)
専大松戸(千葉)vs明豊(大分)
阿南光(徳島)vs沖縄尚学(沖縄)
鹿島学園(茨城)vs盛岡大付(岩手)

第5日 8月13日(金)

大阪桐蔭(大阪)vs東海大菅生(西東京)
近江(滋賀)vs日大東北(福島)
西日本短大付(福岡)vs二松学舎大付(東東京)
京都国際(京都)vs前橋育英(群馬)

第6日 8月14日(土)

智弁和歌山(和歌山)vs宮崎商(宮崎)
作新学院(栃木)vs高松商(香川)
樟南(鹿児島)vs三重(三重)
日本文理(新潟)vs敦賀気比(福井)

第7日 8月15日(日)

弘前学院聖愛(青森)vs石見智翠館(島根)
浦和学院(埼玉)vs 第1日第1試合の勝者

◆ノースアジア大明桜・風間 世代No.1だ!高知・森木、市和歌山・小園に「差つける」

◆明徳・馬淵監督VS県岐商・鍛治舎監督 名将対決が初戦で実現 夏の甲子園

◆2年ぶり「夏の甲子園」大展望 V候補は明豊 追う大阪桐蔭、小園倒した智弁和歌山

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします