【甲子園】済美が史上初の逆転サヨナラ満塁ホームラン!劇的な展開で校歌の「やればできるは魔法の合いことば」に再び注目

「やればできるは魔法の合いことば。腕をとり、肩を組み、信じてみようよ。素晴らしい明日が展(あ)けるから」

全国高校野球選手権大会1回戦でも注目を集めた済美(愛媛)の校歌だが、星稜(石川)との2回戦でその精神を体現するかのような大逆転勝利を飾り、再び校歌に感動の声が寄せられている。

最大6点差を追いつき、延長タイブレークでは逆転サヨナラ満塁ホームランが飛び出した。

最大6点差をひっくり返して延長戦へ

試合は初回から星稜打線が火を噴く。安打と四球で1アウト一、二塁として4番・南保良太郎選手の適時打で先制した。その後も星稜は3本の適時打が生まれ5-0とリードする。

苦しい立ち上がりになった済美は三回に中井雄也選手の適時打で1点を返すも五回に再び1点を失い、1-7の大きなビハインドで八回裏の攻撃を迎えた。

しかし、ここから済美は死球と連打で星稜を追い上げていく。3点返してなおも満塁のチャンスで武田大和選手が1点差に追い上げる2点適時打。そして政吉完哉選手が土壇場で試合をひっくり返す逆転スリーランを放つ。

よもやの展開で逆に追い詰められた星稜だが、こちらも負けてはいなかった。1アウトから内山壮真選手が安打で出塁すると南保選手が続き、竹谷理央選手の適時打で1点を返す。

2アウト一、二塁と後がなくなるも鯰田啓介選手の適時打で追いつき勝負を延長戦に持ち込んだ。

2点先行されるも大会史上初の逆転サヨナラ満塁ホームランで勝利

延長戦で大きなチャンスを掴んだのは済美だった。十二回裏に芦谷泰雅選手が二塁打を放ち、2つの四球も絡んで1アウト満塁の絶好機を作る。サヨナラの予感に済美の応援席は盛り上がりが最高潮に達する。

だが星稜は寺沢孝多投手が二者連続三振でピンチを切り抜け、大会2日目の旭川大(北北海道)と佐久長聖(長野)の試合に続く甲子園史上2度目のタイブレークにまで勝負はもつれた。

ノーアウト一、二塁から始まる十三回表に星稜は東海林航介選手の進塁打で1アウト二、三塁と得点圏に走者を送る。続く河井陽紀選手の当たりはサードへの内野ゴロだったが、三塁手のフィルダースチョイスを誘って三塁から勝ち越しの走者が生還した。

続く佐々井光希選手がスクイズを決めて星稜に大きな2点目が入った。

これで大勢は決したか。そんな雰囲気もあったが済美は諦めていなかった。走者2人を置いて八回に3ランを放った政吉選手が意表を突くセーフティバント。ノーアウト満塁で1番バッターの矢野功一郎選手に打席を回す。

ファウルで粘ってカウント1-2から低めのスライダーを振り抜いた打球は、右翼線上ギリギリのところで残しながらポールに直撃する逆転サヨナラ満塁ホームランとなった。

夏の甲子園では1977年大会の川端正さん(大鉄)がサヨナラ満塁ホームランを放っているが、逆転サヨナラ満塁ホームランは史上初。

第100回大会で歴史的な一発が生まれた。

劇的な勝利で改めて歌詞に感動の声

あまりにも劇的な終わり方に「球史に残る素晴らしいゲーム」「マンガでもやりすぎな決着が現実にあるんだって高校野球は何度でも教えてくれますね」「ほんま最高の試合すぎて感動したわ!」と大興奮の高校野球ファンだが、その感動をより深いものにしたのが済美の校歌だった。

逆境を跳ね返した部員たちの姿に「やればできるは魔法の合いことば」の歌詞が重なり、まさにその通りの試合だったと多くの共感や同意を呼んだ。

打った矢野は「頭が真っ白で何も考えられなかった」

逆転サヨナラ満塁ホームランを放った矢野選手は試合後のインタビューで「ホッとしてます」と笑顔を見せ、打った瞬間は手応えがなかったので「入るとは思ってなかったんですけど、入ってくれたので良かったです」と口にした。

苦しい展開でも山口直哉投手が粘りのピッチングを続けていたので、ベンチでは「いつか、どこかで打ってやろう」と声を掛け合い続けていたので、自分が打ててホッとしていますと興奮気味に語った。

≪関連記事≫

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?

済美高校の校歌に感動の声…甲子園は各校の校歌にも注目

【甲子園】報徳・小園海斗が初戦から無双状態…二塁到達タイムはプロでもトップクラスの速さ

報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

【甲子園】明石商・田渕翔は笑顔で甲子園を去る…1試合でファンになった人が続出

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします