【MLB】大谷翔平、二刀流でも自己最多のシーズン6勝目 6回1失点はマウンドで雄叫び締め

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は4日(日本時間5日)、敵地でのテキサス・レンジャーズ戦に「2番投手」の投打二刀流でスタメン出場。6回1失点でメジャー自己最多となるシーズン6勝目をマークした。2018年4月1日のオークランド・アスレチックス戦で初登板初勝利を挙げてからメジャー通算10勝目。

大谷は当初、1日(同2日)の先発予定だったが、7月28日(同29日)の試合中にファウルボールを受けて右手親指を痛めて登板をスライドし、中8日で今日の先発マウンドへ。

序盤から制球が乱れながらもゲームをつくり、終わってみれば被安打4の6奪三振の好投を見せた。

◆【動画】大谷が吼えた、6回1失点の後の奪三振で雄叫びをあげてマウンド降りる

■最後は三振を奪って雄叫び

初回1死からロウにレフトへの二塁打を浴び、続くガルシアの打席で暴投してランナーが進塁。1死三塁のピンチを背負ったが、ガルシアを外角スライダーでライトフライに打ち取り、続くハイムもスライダーでライトフライに抑えた。

エンゼルス2点リードで迎えた6回、先頭打者のカイナーファレファに甘めに入ったカットボールをレフトへ運ばれて二塁打に。その後、1死三塁となりガルシアの遊ゴロの間に1点を許すも、続くハイムを142キロの外角スプリットで空振り三振に仕留め、雄叫びを上げてマウンドを降りた。

打者としては3打数無安打の1三振に終わり、38号はお預けとなった。

◆【動画】大谷が吼えた、6回1失点の後の奪三振で雄叫びをあげてマウンド降りる

◆大谷翔平、沈黙破る177キロ弾丸二塁打 6試合ぶりマルチ安打で復活登板の前祝い

◆大谷翔平のタイトル争いに影を落とす“誤審禍” SNSでは球審に引退勧告も

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします