【東京五輪/バスケ】八村塁、渡邊雄太擁する「史上最強」日本代表の将来的課題

八村塁擁する日本代表は惜しくもグループリーグで敗退(C)Getty Images

史上最強」。

NBAで活躍する八村塁渡邊雄太の2選手を擁した男子バスケットボール日本代表東京オリンピックは0勝3敗、グループリーグ敗退で幕を閉じた。史上最強とまで呼ばれた日本代表は、今回の戦いを通じ何を得て、どのような課題が浮き彫りになったのだろう。

オリンピック直前の強化試合でFIBAランキング7位のフランスを破ったこともあり、日本代表に対する期待度は鰻登り。五輪の大舞台で、世界の強豪から1勝をもぎ取る歴史的瞬間を夢見た。

しかし、日本は世界の壁の高さをまたも痛感することとなってしまった。

日本は対戦した各国に比べ、エネルギッシュなプレーを見せていただろうか……。最後の最後まで自信を持って戦い続けていただろうか……。勝者のメンタリティを持っていたのだろうか……。

オリンピックという独特の空気、国際試合の真剣勝負の難しさは想像以上の厳しさなのだと知った。

◆史上初!決勝進出バスケ女子「小兵軍団」が特長生かして快進撃 7連覇狙う絶対女王・米国に挑戦

■日本の前に立ちはだかった経験の差

本気で期待した分、悔しさと切なさが込み上げた。ただ、数年前にはこんな期待をすることすら信じられなかっただろう。確実に日本代表は新たなステージに立っている。

忘れてはならないのは、初戦で対戦したスペインはFIBAランキング2位、2019年に行われたワールドカップの覇者、2戦目に対戦したスロベニアは2017年に行われたFIBAヨーロッパ選手権の優勝国、そして3戦目のアルゼンチンもFIBAランキング4位、2019年のワールドカップ準優勝チームとすべてが超強豪だった。

さらに、過去にオリンピックを制した経験もある。つまり、対戦した全チームが国際大会を制すなど決勝を争う経験を持ち合わせていた。その経験の差が日本の前に立ちはだかったと言える。経験の差は、日本のメンタル面に影響を及ぼした。成功体験の有無は自信の有無につながる。

■まだまだ高い世界の壁にどう立ち向かうか

個々の能力も高く、大会を通じても成長を遂げていた。田中大貴比江島慎らは間違いなく9月30日から開幕するBリーグ2021-22シーズン、明らかに進化したプレーを披露するだろう。

アルゼンチン戦後、ベンチでタオルをかぶり、涙流すキャプテン渡邊雄太の姿が目に焼き付いた。強豪国と対戦し「悔しい」と感じたのなら、確実に日本のバスケットボールは進化している。「恥。代表のユニフォームを着る資格がない」と語ったワールドカップから、この2年で日本代表は間違いなく階段を登ってきた。世界へと果敢に挑む選手たちを誇りに思う。

ただし、日本と同じように世界も歩みを進めている。追いつくためにはさらに努力を続けなければならない。まだあの悔しい記憶からたった2年しか経っていない。歴史的1勝を思い描けたのなら、必ずいつかその1勝は果たせる日が来る。今はまだまだ高い世界の壁にどう立ち向かうかを考えるしかない。

例えばポイントガード田中大貴が本職のシューティングガードではなくポイントガードに起用され奮闘した。これによりサイズの問題は解消されディフェンス面でもミスマッチが起こることなくプレーできたとしても、ゲームメークという点では急ごしらえのポイントガードにはまだまだ課題が多い。スペイン戦では、NBAポイントガード、リッキー・ルビオにかき回され、その弱点が露呈した形だ。

渡邊や八村、馬場雄大といった世界と戦える個々の能力に加えて、同レベルの本職のポイントガードが欲しい。サイズのある選手を早い段階でポイントガードにコンバートし、ゲームメークができるように育てていく必要があるのではないだろうか。

もちろん、ポイントガードだけではない。さらに世界と渡り合える選手が欲しい。海外挑戦する選手もより増えて欲しいと思う。ゴルフではマスターズを制した松山英樹が「もっと世界で戦える日本選手がほしい」と発言した通り、バスケ界でも世界の強豪と呼ばれるレベルに触れ、戦える選手が増えることは日本代表の底上げとなる。

国内に世界を知る指導者が増えることも世界のバスケットボールに触れる機会になるだろう。いたしかたないが、各クラブは自身のことに集中してしまいがち。それは正しい。ただ各クラブでの日常が日本代表の強化につながっているということを忘れてはならないだろう。今回オリンピックに参加した者だけでなく、オリンピックを観た、選手、スタッフ、クラブ関係者、レフェリー、さらには学生に至るまで日本のバスケットボールに関わる全員が、収穫を得て考えさせられるきっかけとなったはずだ。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします