【東京五輪/卓球】女子団体、中国に敗れ涙の“銀” 伊藤美誠「悔しいですけど楽しかった」

左から平野美宇、石川佳純、伊藤美誠(C)ロイター

東京五輪の卓球女子団体は5日に決勝を行い、日本は中国に3─0で敗れ、銀メダルだった。これまで同種目で銀、銅と獲得してきた日本は、4連覇を狙う中国を崩せず、初の金メダルに手が届かなかった。

卓球の団体戦はダブルス1試合、シングルス4試合を行い、先に3勝したほうが勝利となる。

◆【実際の動画】試合後インタビューで涙 石川佳純「本当に心強い2人で、チームワークもすごくよかった」

■3大会連続のメダル獲得

日本は伊藤美誠石川佳純平野美宇、中国は王曼昱陳夢孫穎莎が出場した。

日本の女子団体がメダルを取るのは3大会連続。石川・福原愛平野早矢香が出場した2012年のロンドンは銀、石川・福原・伊藤が出場した16年のリオデジャネイロは銅だった。

石川と平野が出場したダブルスは、1ゲーム目を取るもその後3ゲームを連続で奪われた。シングルスは伊藤が孫に1-3、平野が王に0-3で敗れた。

最年長の石川は試合後、「悔しさは大きいが、中国の強さも感じた。この舞台で決勝で戦えたことは嬉しかった」と語った。

今大会、日本の卓球が獲得したメダルは3つとなった。水谷準と伊藤が混合ダブルスで金、伊藤が女子シングルスで銅、女子団体が銀を獲得した。

日本の男子団体は6日に韓国と3位決定戦を戦う。

◆【実際の動画】試合後インタビューで涙 石川佳純「本当に心強い2人で、チームワークもすごくよかった」

◆【東京五輪/卓球】伊藤美誠が銅、日本の卓球女子シングルスで初のメダルも「正直悔しい気持ちのほうが大きい」

◆【東京五輪/卓球】水谷・伊藤ペア、卓球で日本初の金「中国に今までのすべてのリベンジができた」

文・SPREAD編集部=ロイター


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします